【ストックホルム市庁舎】スウェーデンにあるノーベル賞授賞式の会場

ストックホルム市庁舎 建築

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

スウェーデンの首都であるストックホルムには、「ストックホルム市庁舎」という1923年に作られた建物があります。

実はこのストックホルム市庁舎は、毎年12月10日に開催されるノーベル賞の授賞式の会場として使用される、スウェーデンでも有名な名所でもあるのです。

今回は、北欧スウェーデンのストックホルム市庁舎について、詳しく解説していきます。

ストックホルム市庁舎の特徴

「ストックホルム市庁舎」は、北欧スウェーデンの首都ストックホルムのメーラレン湖沿いに佇む、赤褐色のレンガ造りの外観が特徴の建物です。

重厚な赤レンガ調の外装に青銅の屋根、塔の頂点で光り輝く黄金色のモニュメントが目印です。

「北欧のヴェネツィア」とも称される水の都ストックホルムの街並みと、見事に調和した佇まいとなっています。

また、塔の頂点には9つの鐘があり、実際に利用もされています。毎時になると、美しい鐘の音がストックホルムに鳴り響くそうですよ。

そしてストックホルム市庁舎最大の特徴と言えるのが、毎年12月10日にスウェーデンで開催される、有名なノーベル賞授賞式の会場でもあることです。

特定の分野で偉大なる功績を挙げた人物に与えられる栄誉、ノーベル賞。ストックホルム市庁舎ではノーベル賞授賞式やその後の晩餐会、舞踏会が催される建物として、世界的にも広く知られるスウェーデン屈指のスポットとなっています。

20世紀建築の傑作と称される美しい建物

ストックホルム市庁舎は建築家ラグナル・エストベリによって、1909年に建築が開始され、14年後の1923年に完成しました。

建築の際は、ヴェネツィアのドゥカーレ宮殿を中心に、ヨーロッパ各国の建築を参考にして設計されました。

20世紀初頭に北欧諸国とバルト三国で流行した、民族性と地域性を表現したナショナル・ロマンティシズム建築のストックホルム市庁舎は、その優美さから20世紀の建築における傑作として賞賛されています。

ストックホルム市庁舎内にある名所

ノーベル賞授賞式の会場として知られるストックホルム市庁舎は、毎年多くの旅行客が訪れる人気観光地です。

ストックホルム市庁舎の内部へは、ツアーガイドの牽引時のみ入ることができるようになっています。

建物内には様々な名所があり、例えば市庁舎内で営業しているレストランでは事前予約をすることで、毎年ノーベル賞の晩餐会の時に振る舞われる料理と同じメニューを食べることができます。

また、月2回討論会が開かれる市議会場も見学することができます。

見所である市議会場の天井の木組みには、9世紀〜12世紀に西ヨーロッパ沿岸一帯で侵略や交易活動を行なったヴァイキング達の木造船の建築技術が使用されています。

ストックホルム市街を一望できる106mの塔

ストックホルム市庁舎にそびえ立つ塔も、5月〜9月のシーズン限定で入場することができます。

塔の高さは全長106m海抜73mの高さの所には、ストックホルム市街を一望できる展望場が設けられています。

塔入り口からは全365段の階段があり、安全上の理由から一度に入場できるのは30人までとなっているそうです。

ストックホルム市庁舎の塔からは、全14の島々から形成され、色とりどりの建物が並ぶ絵葉書のような世界観のストックホルムの街並みを眺めることができますよ。

他にも、バルト海へと繋がるメーラレン湖を挟んだ対岸に位置するスウェーデンの旧市街、ガムラスタンも見渡すことができます。

ちなみにガムラスタンは、ジブリ映画『魔女の宅急便』のモデルとなった街なんですよ。

ノーベル賞の記念晩餐会が行われる「青の間」

毎年12月に開催されるノーベル賞授賞式の晩餐会の会場となるのが、ストックホルム市庁舎にある「青の間」と呼ばれる空間です。

青の間は開放感ある高い天井に、周囲を赤レンガの壁面で囲まれた空間となっています。

なぜ赤レンガの赤褐色を基調とした部屋が、「青の間」という名前で呼ばれているのでしょうか?

「青の間」という名称の由来として、実は元々ストックホルム市庁舎の建築当初は、部屋の壁面を青色で塗る予定だったそうです。

しかし赤レンガの内観が予想以上に美しかったため、構想段階の「青の間」という名前はそのままに、急遽青色を施すのを中止したという裏話があります。

また、青の間の建築のこだわりを垣間見ることができるのが、青灰色の石畳です。

一見すると、晩餐会の会場としては地味に映る床かもしれません。

しかし実は、晩餐会で女性参加者がイブニングドレスで降りる際に、ドレスの色が映えるよう、敢えて床の色彩を抑え目に設計されているのです。

舞踏会で使用される優雅な「黄金の間」

ノーベル賞授賞式では舞踏会も開催されるのですが、毎年舞踏会の会場として利用されるのが、ストックホルム市庁舎の2階にある「黄金の間」というホールです。

黄金の間は、壁一面に金箔が貼られたモザイクで覆われており、宮殿のような豪華絢爛な内装となっています。

使用されている金箔は、なんと1900万枚にも及ぶのだとか。

まとめ

1923年に建築されたストックホルム市庁舎は、ノーベル賞授賞式という世界的にも有名な式典の会場として利用されている、スウェーデンの人気観光スポットです。

ストックホルム中央駅から徒歩8分とアクセスの良さも抜群なので、ストックホルム観光では欠かさずに立ち寄りたいですね。

タイトルとURLをコピーしました