【クリスチャンボー城】デンマークの三権が集まる12世紀の宮殿

建築

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

北欧デンマークのコペンハーゲン市内には、今から800年以上前の1167年に建築された「クリスチャンボー城」と呼ばれる宮殿があります。

クリスチャンボー城はデンマーク王族の公式行事や国外の要人を迎える迎賓館として使用されるだけでなく、国会議事堂・最高裁判所・内閣府というデンマークの三権が集結した中枢としても知られています。

今回はコペンハーゲン発祥の地とも称されるほどの歴史を持つ、クリスチャンボー城の魅力について詳しく説明していきます。

デンマークのクリスチャンボー城とは?

「クリスチャンボー城(Christiansborg Palace)」とは、北欧デンマークの首都コペンハーゲン、その中の周囲を運河に囲まれたストックホルメン島に佇む壮観な宮殿のことです。

元々は12世紀に建てられた城砦が宮殿の起源となっており、その歴史の古さからコペンハーゲン発祥の地としても知られています。

クリスチャンボー城は現在では主に、デンマーク女王の謁見など王室の公式行事、そして政府の迎賓館として利用されています。

また、クリスチャンボー城の敷地内には、国会議事堂や最高裁判所、内閣府が置かれており、デンマークの司法・立法・行政の三権が集まる重要な場所でもあるのです。

クリスチャンボー城の歴史

クリスチャンボー城は1167年、当時のデンマークの政治家であり、大司教でもあったアブサロンという人物によって建築された城塞が前身とされています。

クリスチャンボー城が他の北欧の宮殿と大きく異なっている部分として、3つの時代の建築様式が混在した状態で建築されている点が挙げられます。

クリスチャンボー城は1794年と1884年と2度にわたって甚大な火災に見舞われており、再建を行う度にその当時主流だった建築様式が新しく取り入れられたためです。

それ以外にも複数回改修工事を繰り返し、1928年に現在のデザインになりました。

その結果、16世紀〜17世紀にかけてイタリアで誕生したバロック様式、古典的建築を理想とし18世紀フランスで生まれた新古典主義建築、そして19世紀前半のヨーロッパでバロック様式の復興という形で流行したネオ・バロック様式という、三者三様の建築様式が織りなす独特な装飾美が生まれたのです。

ちなみにクリスチャンボー城は、長年デンマーク王室の居城として利用されてきました。

しかし1794年に起きた1度目の火災の際に、デンマークのアマリエンボー宮殿の方に移され、現在ではアマリエンボー宮殿がデンマーク王族の私邸となっています。

宮殿内外の見所

クリスチャンボー城は、風格と重厚さを兼ね備えた中世の石造りの外観、さらに城内部は至る所にシャンデリアや絵画、優美な漆喰装飾に囲まれた空間となっています。

クリスチャンボー城の内部は一般公開されており、豪華絢爛な装飾が施された内装や当時のデンマークのロイヤルファミリーの暮らしぶりを見学することができるようになっています。

城内には歴代デンマーク王室の居住部屋、「ロイヤル・レセプション・ルーム」と呼ばれる各国の王族・政府要人を迎える迎賓館があります。

さらに、1990年に現デンマーク女王マルグレーテ2世の生誕50年を祝う誕生日に贈呈された、デンマークが辿ってきた歴史をテーマに描いた17枚のタペストリーも展示されています。

タペストリーは、デンマーク出身のアーティストであるビョルン・ノルゴー氏によって作成されました。

城から出た中庭には、12世紀にクリスチャンボー城の前身となる城塞を建築した、アブサロン大司教の銅像も立っています。

優雅な宮殿として佇む現在のクリスチャンボー城は、外観だけを見ると城塞としての面影はほとんど残ってはいません。しかし城の地下には当時の城跡が残されており、こちらも観光の見所となっています。

また、クリスチャンボー城からそびえ立つ、デンマーク国内最大の高さを誇る106mのタワーにも、なんと無料で登ることができるようになっています。

2014年に一般公開されたタワーの頂上からは、コペンハーゲンの歴史ある古い街並みを一望することができる、絶好の撮影スポットでもあるそうですよ。

まとめ

12世紀の中世ヨーロッパ時代に建てられた、美しい石造りの宮殿であるクリスチャンボー城。

建築から800年以上経った現在でも、デンマークの政治や外交に欠かすことができない施設として、あるいは北欧や世界各地から多くの旅行者が足を運ぶデンマークの人気観光地として、コペンハーゲンを代表する名所となっています。

タイトルとURLをコピーしました