【スオメンリンナの要塞】世界遺産として認定されたフィンランドの要塞島

スオメンリンナ 建築

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

フィンランドには、スウェーデンに統治されていた18世紀に建築された「スオメンリンナの要塞」という名所があります。

東に位置するロシア帝国の攻撃から、スウェーデン王国を防衛するための堅牢な要塞として使用されてきた、フィンランドでも歴史的価値が高い建造物なのです。

現在では星型の城砦、大砲や塹壕といった戦争の跡地がそのまま残る、フィンランド屈指の人気観光地となっています。

今回はユネスコ世界遺産にも登録されている、北欧フィンランドのスオメンリンナの要塞について紹介していきます。

スオメンリンナの要塞とは?

スオメンリンナの要塞は、北欧フィンランドの首都ヘルシンキから南東約1.5kmの場所にある要塞です。スオメンリンナ島、あるいはそのままスオメンリンナとも呼ばれることもあります。

スオメンリンナの要塞は、ヘルシンキ沖の6つの島々を繋いだ土地の上に建築されています。

全長7.5kmにも及ぶ大規模な城壁に囲まれ、上空から要塞の全体像を見ると独特な星形となっていることから、星形要塞とも言われています。

星形の城壁に建築したのは、防衛の際に死角ができないようにするための戦略的理由からです。

というのもスオメンリンナの要塞は、現在では観光地として親しまれていますが、元々はロシア帝国の侵略に対する防衛を目的に作られたためです。

スオメンリンナの要塞が建築されたのは、今から200年以上前の1748年。当時フィンランドを支配していたスウェーデン王国によって設計されました。

スオメンリンナは地理的に、スウェーデンと敵対国であったロシア帝国の中間に位置する海域にあり、ロシア帝国の侵略からスウェーデン本土を防衛するための重要な拠点だったのです。

現在では、スオメンリンナの要塞は戦争時の軍事的拠点という役目を終え、フィンランドの地元民はもちろん、北欧や世界各地から観光客が訪れる名所となっています。

さらに18世紀からそのまま残る建築様式や美しい景観から、1991年にはユネスコ世界遺産にも登録されました。

スオメンリンナの歴史

スオメンリンナの要塞は、スウェーデンにフィンランド、そしてロシア帝国の3カ国による戦争に翻弄された長い歴史があります。

18世紀当時フィンランドは現在のような独立国ではなく、北欧一帯を支配していた隣国・スウェーデン王国の領土として統治されていました。

スオメンリンナの要塞も、スウェーデン軍指揮官アウグスティン・エーレンスヴァールドという人物の指導の元、1748年から40年の歳月をかけて築城されたのです。

建設当時は、スウェーデン国王フレドリク1世によって、「スウェーデンの要塞」を意味する「スヴェアボリ(Sveaborg)」という名称がつけられました。

スオメンリンナの要塞の目的は、当時の敵対国ロシアの侵攻からスウェーデン王国を防衛することです。

そうしてスウェーデンとロシアは、スオメンリンナの要塞を舞台に幾度も戦果を交えました。

しかし、1808年〜1809年にフィンランドを戦場として起きた第二次ロシア・スウェーデン戦争の最中、ロシア帝国によってスオメンリンナの要塞は占拠されてしまいます。

1808年にロシア帝国に併合された後は、フィンランドがロシアから独立するまで110年に渡り、今度はロシア海軍の軍事基地として利用されることとなります。

1917年にはロシア革命により、フィンランドはロシアの支配から抜け出し独立を果たします。

そしてフィンランド独立後の1920年に、従来の「スヴェアボリ」という要塞名から、「フィンランドの城」を意味する「スオメンリンナ」という現在の呼称へと変更したのです。

まとめ

スウェーデン統治時代からロシア帝国の占領、1917年のフィンランド独立まで数多くの戦いの歴史が刻まれたスオメンリンナの要塞。

今では緑広がるフィンランド市民の憩いの場として利用されている、フィンランドでも有数の歴史的スポットでもあるのです。

タイトルとURLをコピーしました