【トゥルク城】13世紀に建築されたフィンランド最古の古城

トゥルク城 建築

こんにちは。Huivi -フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

北欧フィンランドの南西部には、かつての首都として栄えたトゥルクと呼ばれる都市を防衛するために建築された「トゥルク城」という要塞があります。

トゥルク城は、かつてフィンランドがスウェーデン領であった1280年頃に設計され、フィンランド最古の城としても知られています。

今回はそんな歴史あるトゥルク城について紹介していきます。

フィンランド最古の城であるトゥルク城

北欧フィンランドには「トゥルク城(Turun Linna)」と呼ばれる、フィンランドで最古の歴史を持つ城があります。

トゥルク城は、フィンランド南西部の西スオミ州にある古都トゥルク、そのアウラ河口で壮観に佇んでいます。

実はトゥルクは、1812年まではフィンランドの首都として栄えていた古都であり、現在でもトゥルクは「フィンランドの西の首都」とも称されています。

トゥルク城がかつての首都トゥルクに建設されたのは、今から700年以上前の1280年頃と言われています。

13世紀当時のフィンランドは、隣国の北欧スウェーデンに支配されていました。

そしてトゥルク城もスウェーデン統治下の時代に、首都であったトゥルクを外敵の侵略から防衛するための要塞として建設されました。

要塞としてのトゥルク城

1812年にフィンランドの首都がトゥルクから現在のヘルシンキに遷都されるまで、トゥルクがフィンランの政治経済の中心的役割を担っていました。

そして、トゥルク城が建てられた1280年当時は、フィンランドは現在のように独立国ではなく、同じく北欧諸国であるスウェーデン領の一部でした。

かつてスウェーデンは、「バルト帝国」「スウェーデン帝国」と呼ばれるほど隆盛を誇った強国であり、北欧のバルト海沿岸の諸国一帯を統治していました。

そしてフィンランドの首都トゥルクも、スウェーデンにとって外交や軍事の重要な拠点であり、その防衛のためにトゥルク城が必要だったのです。

また、トゥルク城は堅牢な要塞として以外にも、北方十字軍の拠点としての機能も担っていました。

北方十字軍というのは、非キリスト教圏を異教徒として征服するために、カトリック教会に属する国々が同盟を結び結成した組織のことです。

また、スウェーデン国王の居城として使用もされるなど、その長い歴史の中で様々な役割を果たしてきました。

現在では歴史博物館として公開

フィンランドの首都トゥルクを防衛するための要塞でしたが、現在ではフィンランドの歴史を後世に伝える歴史博物館として一般公開されています。

歴史博物館内には、今でも結婚式の際に使用されている礼拝堂や、中世の貴族の舞踏会場であったバンケットホールなど、中世当時の建築や設備を見ることができます。

さらにトゥルク城はスウェーデン領であった13世紀に建築されたことから、城内にはスウェーデンの文化や装飾様式も色濃く残っているのが特徴的です。

また、時代ごとに美術品や衣装、調度品など歴史的価値の高い品々も展示されています。

展示品だけでなく、訪れた人から「まるで迷路のよう」と評されるほど入り組んだ通路も見所なのだとか。

まとめ

フィンランドの古都トゥルクを敵の侵略から守る堅牢な要塞であったトゥルク城。役目を終えた現在では、フィンランドをはじめ北欧各地から人が訪れる観光スポットとして親しまれている建築物なのです

タイトルとURLをコピーしました