Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
都市

【ヴァックスホルム島】ストックホルムの防衛拠点だった港町

Pocket

スウェーデンの東側にあるバルト海には、大小24000もの島で形成されるストックホルム群島があり、その中にヴァックスホルム島という場所があります。

ヴァックスホルム島は、ストックホルムからフェリーで多くの人が訪れる観光リゾート地です。

しかし19世紀までは、実は内地のストックホルム市街を防衛する軍事拠点としての役割を持ち、現在でも当時使われた要塞が残っています。

今回はカラフルな色合いの綺麗な街並みと堅牢な要塞が混在する、スウェーデンのヴァックスホルム島について解説をしていきます。

バルト海を臨むヴァックスホルム島

スウェーデンのストックホルムから北東に20kmほどの場所にあるヴァックスホルム島は、バルト海との出入り口に築かれた港町です。

バルト海の外洋には、およそ24000もの島々があり、それらはまとめてストックホルム群島と呼ばれています。

そして今回紹介するヴァックスホルム島も、そのストックホルム群島に属する島の1つとなっています。

Photo by Oscar van Gend on Unsplash

バルト海からストックホルム市街地に入る主要な航路に位置するヴァックスホルム島は、現在では国内外から観光客が足を運ぶリゾート地として知られています。

しかし元々は、外敵がストックホルムへ侵攻するのを食い止める、重要な防衛拠点として16世紀に築かれたという背景があるのです。

軍事拠点としての歴史を伝えるヴァックスホルム要塞

ヴァックスホルム島は、バルト海からストックホルムへ繋がる航路沿いにあります。

その立地から16世紀〜19世紀までヴァックスホルム島は、海を渡って侵略をしてくる敵国から首都のストックホルムを防衛する海上要塞の役割を担ってきました。

ヴァックスホルム島の東側には、堅牢な外壁と大砲などの武装が施されたヴァックスホルム要塞があります。

ヴァックスホルム島に最初の要塞が建てられたのが16世紀で、今日のヴァックスホルム要塞となったのが、150年以上前の1863年となっています。

かつてはストックホルムまでの航路を防衛する強固な要塞でしたが、役目を終えた現在では、「ヴァックスホルム要塞博物館」として一般公開されています。

博物館には当時の大砲や砲弾、スウェーデンの歴代の戦いを記した軍事的な資料が展示してあります。

ストックホルムから多くの人が訪れるリゾート地

Photo by Daniel Welsh on Unsplash

敵国からの侵略を阻むために武装した要塞を構え、おそらく一昔前のヴァックスホルム島は、最前線の軍事基地特有の物々しい雰囲気があったことでしょう

しかし現代では戦いのための防衛拠点とは打って変わって、カラフルな街並みと穏やかで陽気な雰囲気に包まれた、人気のリゾート地となっています。

広大なバルト海にはフェリーやボートが行き交い、島内は木造建築の家々や可愛らしいカフェやハンドクラフトショップで賑わいを見せています。

ストックホルムからヴァックスホルム島までのアクセスも良好で、フェリーで1時間ほどの距離しかありません。

バスや車で陸路からも行くことができますが、海からヴァックスホルムの街並みを眺めることができるフェリーが、やはりおすすめのアクセス方法なのだそうです。

まとめ

ヴァックスホルム島はかつての軍事基地だった面影はほとんどなく、今はのどかな雰囲気が漂うリゾート地のような場所となっています。

晴れた日には多くの人が、カフェのテラス席に座って、のんびりコーヒーとお菓子を味わいながらフィーカを楽しむ光景が広がっているそうですよ。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。