Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
自然

【プレーケストーレン】絶景とスリルを味わえるノルウェーの崖

Pocket

北欧ノルウェーには大自然が長年かけて作り出した、幻想的な名所が数多くあります。

今回紹介するのはその中の1つで、リーセフィヨルドと呼ばれる入江に垂直にそびえ立つ崖、「プレーケストーレン」です。

目の前には地平線まで広がる圧倒的な自然、足元は600mの断崖絶壁という、感動とスリルを一度に味わえるスポットを知りたい人は是非読んでみてください。

この記事で学べること
  • ノルウェーの秘境プレーケストーレンの特徴
  • 頂上から見える絶景やベストシーズンについて
  • プレーケストーレンへのアクセス

約600mの断崖絶壁、プレーケストーレンとは?

プレーケストーレンとは、北欧ノルウェーの南西部に位置するフィヨルド(入江)の1つ、リーセフィヨルドにそびえ立つ崖のことです。

崖下の水面から垂直に立った立方体のような形の一枚岩であり、その高さはなんと604m。

東京スカイツリーの634mにも匹敵する高さを誇る、自然が作り出した断崖絶壁とされています。

また、崖の頂上は25m×25mの正方形状のスペースがあります。

観光シーズンになると崖の頂上は大勢の観光客で埋め尽くされるそうです。

プレーケストーレン(Preikestolen)はノルウェー語で「演説台」を意味する通り、正方形状の切り立った頂上は、まさに聴衆に語りかける演説の舞台のようですね。

プレーケスターレンは自然景観の保全のためか、落下防止のための防護柵が設置されていません。

崖の縁に立ち覗き込むと、眼下には600mを超える断崖絶壁が剥き出しで広がります。

そのため絶景スポットであると同時に、足がすくむほどのスリルも味わえる名所となっています。

プレーケストーレンから望むフィヨルドの絶景

国内でも屈指の絶景スポットにも数えられている、プレーケストーレン。

600mの高さから眺める、自然が時間をかけて形成したフィヨルドの大自然はまさに圧巻の一言です。

断崖絶景から一望できるリーセフィヨルドの絶景は、アメリカの旅行サイト「Lonely Planet」や「CNN」など大手メディアでも、死ぬまでに行きたい世界の絶景の1つとして紹介されるほどです。

また、その神秘的な美しさから、2013年に公開されたディズニー映画「アナと雪の女王」の舞台の1つとなった場所でもあります。

プレーケストーレンに行くには自然の中の登山道を歩く必要があり、4月〜10月の期間が観光のベストシーズンです。

冬になると一面真っ白の雪化粧に覆われた光景が出迎えてくれるのですが、いかんせんノルウェーの厳しい冬の中で初心者が登山をするのは危険が伴います。

そのため、冬の期間は安全のため、トレッキングは原則的に禁止となっています。

プレーケストーレンまでの移動方法

Photo by Thomas Claeys on Unsplash

プレーケストーレンまでは山道となっており、麓の登山口から目的地の頂上までは徒歩でのトレッキングとなります。

距離としては約3.8kmの行程で、トレッキングに慣れている人で片道およそ1時間半。一般の人だと2時間〜3時間ほどで辿り着けるそうです。

また、トレッキングシューズやシュックサックといった装備一式も欠かすことはできません。

道中には売店もないので、ランチや軽食は事前に用意しておきましょう。

プレーケストーレンに訪れる際の玄関口および滞在の拠点となるのが、ノルウェー南西部にある港町スタヴァンゲルです。

スタヴァンゲルからバスやフェリー、車を用いてプレーケストーレンに行くのが一般的なルートとなっているようです。

スタヴァンゲルはかつて石油産業で栄えた街であり、約12万の人口を有するノルウェー第4の都市となっています。

多くの観光客がスタヴァンゲルの街に滞在し準備を整え、リーセフィヨルドやプレーケスターレンに向かうのです。

まとめ

Photo by Maksim Shutov on Unsplash

目を見張るほど壮大な絶景とスリルを満喫できる、ノルウェーの大自然が生み出したプレーケストーレン。

約600mの高さを誇る切り立った断崖絶壁に立ち、眼前にどこまでも広がるリーセフィヨルドの光景を眺める体験は、きっと忘れられない思い出になりますよ。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。