【トムテ】北欧の民間伝承として伝わる小さな妖精

伝承
Pocket

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

北欧に古くからある言い伝えには、トムテと呼ばれる小人のような妖精が登場します。トムテは農家の屋根裏や納屋に住み、家畜の世話をしたり住民に幸せをもたらすという、守り神のような存在です。

また、北欧ではサンタクロースの代わりとしても親しまれています。今回は北欧の心優しき小さな妖精、トムテについてご紹介します。

農家の守り神として愛される、トムテとは?

トムテとは、北欧に伝わる民間伝承の中に登場する、小人のような外見の小さく可愛らしい妖精のことです。

北欧では昔から、トムテは古い農家の屋根裏や納屋に住み付いて、その家の住民を守ってくれるという言い伝えがあります。いわば、農家の守り神のような存在です。

トムテが働き始めるのは、農家の人たちが寝静まった深夜。働き者のトムテは小屋の掃除や馬の世話、夜番として農場を守ったりしています。たとえ火事になったとしても、トムテは懸命に火を消してくれるでしょう。

スウェーデンでは現在でも家の守り神として、家の中にトムテの置き物を置いている民家も多いのだそう。

農家を大切にしてくれるトムテですが、一方で怒らせると家から出て行ってしまったり、悪さをしたりなど気難しい性格の持ち主でもあります。

家畜や子供に暴力を振るったりしようものなら、トムテは不機嫌になり納屋に置いている物を盗んで出て行く、あるいは農家を殴ったりと、怒らせるとなかなかに怖いようです。

トムテの外見はサンタクロースそっくり

心優しいが怒ると怖い、そんなトムテの風貌は私たちがよく知るサンタクロースにそっくりです。民間伝承の中のトムテは、子供のような小さな身長に4本の指、灰色もしくは紺色の服を着ています。

そして何よりも目立つのが、鮮やかな赤色のとんがり帽子、立派に蓄えられた顎髭です。その姿はまるで、小さくデフォルメされたサンタクロースのようですね。

また、北欧では国や地域によって、トムテの呼び方やデザインも少しずつ異なるのも面白いところです。実は「トムテ」というのはスウェーデン語であり、フィンランドでは「トントゥ」、デンマークとノルウェーでは「ニッセ」と呼ばれています。

風貌も違います。例えば上の写真は、デンマークとノルウェーで親しまれている「ニッセ」です。

ニッセはくりくりとした瞳や豊かな表情がついており、どちらかと言えばスウェーデンの「トムテ」よりも、私たちが連想するサンタクロースにより近い見た目かもしれません。

もちろん、愛称や見た目が違えど北欧に言い伝えとして古くから残り、その家の住民に幸せと繁栄をもたらすという役割は変わりません。

フィンランドで有名な妖精トントゥをもっと知りたい人は以下の記事をご覧ください!

クリスマスイブにはトムテにご褒美を

街中が赤く色めきだす、クリスマスイブ。トムテにとっても実はクリスマスイブは、1年間仕事を頑張ったご褒美としてご馳走を食べることができる特別なイベントでもあるのです。

北欧ではクリスマスイブの夜にはトムテへの感謝の意味を込めて、テーブルの上に料理をそのまま残しておくという風習があります。これは夜に仕事をするトムテが、住民が寝静まった夜中にご馳走にありつけるようにするためです。

中でも欠かすことができないのが、トムテの大好物とされるミルク粥です。これはポリッジと呼ばれ、砂糖とバター、ミルクで甘く味付けされています。

クリスマスイブにミルク粥や沢山のご馳走を食べることができたトムテは大喜び。ご褒美を与えらえたトムテはクリスマスの後も引き続き、住民の幸せのために働いてくれるでしょう。

しかし反対にミルク粥の用意を忘れてしまった場合は、トムテの怒りを買ってしまい、報復として様々な悪さをされてしまうのだとか。

ちなみにしょっぱいお粥が一般的な日本人からすると、甘いお粥と聞いて驚かれるかもしれませんが、北欧ではこのポリッジは朝食としてよく食べられている料理なのです。

一緒に蜂蜜やブルーベリーも添えてアレンジするなど、北欧の人にとっては子供の頃から食べている親しみある味とされています。

北欧で伝統的に食べられているポリッジについては、以下の記事も見てみてください。

クリスマスのユールトムテ

トムテはクリスマスシーズンには「ユールトムテ」、こちらで言うサンタクロースとなって、子供たちにプレゼントを配って回ります。「ユール」はスウェーデン語でクリスマスという意味です。

ユールトムテに扮した人が、子供たちにプレゼントを渡します。その際の格好は白髭に赤服というサンタクロースとほとんど同じものです。

違う点といえば、北欧のユールトムテはプレゼントは直接手渡し。また、ソリを引くのもトナカイではなく、ヤギとなっています。

元々トムテは北欧の民間伝承から生まれた存在であり、キリスト教圏のクリスマスやサンタクロースとは本来は関係ありません。

しかし、過去のスウェーデンのキリスト教化、さらに20世紀に入りアメリカからクリスマスの文化が持ち込まれることによって、クリスマスにプレゼントを届けるユールトムテという現代の風習が広がったとされています。

まとめ

北欧に伝わる、心優しく、そしてどこか気難しい妖精であるトムテ。

古くから残る民間伝承に端を発するトムテは、現代になっても北欧の住民の生活の中で親しまれている存在なのです。

タイトルとURLをコピーしました