スウェーデン

【ストックホルム地下鉄】アート作品が描かれた美術館のような地下鉄

Stockholm-metro
Pocket

スウェーデンの首都ストックホルムにはストックホルム地下鉄という、都市と各地方を繋ぐ地下鉄の駅があります。

ストックホルム地下鉄はスウェーデンの交通の要所である一方、各駅にアート作品が描かれた美術館としての側面も持ちます。

そこで今回は「世界一長い美術館」と称される、ストックホルム地下鉄について紹介します。

ストックホルム地下鉄の概要

スウェーデンの首都ストックホルムには、ストックホルム地下鉄という国内唯一の地下鉄が通っています。

ストックホルム地下鉄の全長は105.7km。地下鉄の路線は首都ストックホルムを中心にスウェーデン郊外まで広がります。

駅は全部で100駅あるのですが、その中で47駅が地下鉄となっています。

また、路線は全3種類あり、「ローダ線(赤)」「ブロー線(青)」「グローナ線(緑)」と、それぞれ色の名前が付けられているのが特徴的です。

ストックホルムでは1933年にトラム路線が開業し、その後1941年にストックホルムの地下鉄建築計画が立案されます。

こうして従来のトラム路線を発展させる形で、1950年10月1日に最初の路線が開通を迎えました。

駅構内に描かれるアート作品

ストックホルム地下鉄はスウェーデンひいては北欧初の地下鉄として誕生し、現在でも毎年3億人近い人が利用しています。

そしてストックホルム地下鉄にはもう一つ、美術館としての顔も持ちます。

どういうことかというと、実はストックホルム地下鉄の駅構内には数々のアートが展示されており、駅という空間全体がある種の芸術空間となっています。

ストックホルム地下鉄の内、90の駅で壁画アートや彫刻、オブジェといった多種多様なアート作品を見ることができます。

駅によってアートのテーマは異なっている点も特徴です。

このようにストックホルム地下鉄の構内にアートが書かれるようになったのは、地下鉄が開業して間もない1950年代のことです。

芸術をもっと身近に感じてもらいたい、というアーティスト達によって壁画アートなどの制作が始まりました。

そして今では世界的にも知名度を誇り、別名「世界一長いアートギャラリー」とも呼ばれています。

ストックホルム地下鉄の乗車方法

ここでは日本の地下鉄とは少し違う、ストックホルム地下鉄の乗車方法について紹介します。

まずストックホルム市内を走る地下鉄、バス、トラムといった公共交通機関は、「Storstockholms Lokaltrafik)」、通称SLと呼ばれる企業が全て運営しています。日本のJRのような感じです。

そして便利なのがこのSLが管理する公共交通機関では、一部を除いて、チケットと料金が全て共通になっている点です。

つまり地下鉄もバスも同じ切符で乗車でき、乗り物を換えるごとに再度切符を購入する必要はありません。

料金の支払いに関しても、1回の乗車料金はどの交通機関でも同じです。

もう少し詳しく説明すると、まず地下鉄に乗車する際は紙の乗車券を購入するか、日本でいうSuicaに当たるSLアクセスカードという交通系ICカードを利用します。

スウェーデンの場合、社会全体でキャッシュレス化が進んでいるため、基本的にICカードだけでも問題ありません。

そしてチケットの種類も日本とは異なり、購入から75分間有効な使い切りの「シングルチケット(1回券)」、そして24時間〜72時間、あるいは7日間まで一定期間利用し放題の「トラベルカード」があります。

シングルチケットは75分以内なら、例えば地下鉄→バス→地下鉄→トラムのように、異なる交通機関でも何度も乗り換え可能です。

また、料金も距離に関係なく一律なので、1駅でも10駅の移動でも同料金となります。

一方、一定期間内なら使い放題のトラベルカードは何度もチケットを買う手間が省けるので、スウェーデン旅行など複数回にわたり公共交通機関を利用するケースでおすすめです。

1回で済む長距離移動ならシングルチケット、数日間に渡り色んな場所を巡るならトラベルカードと、目的に応じて使い分けましょう。

まとめ

ストックホルム地下鉄は1950年に開通した、ストックホルムの交通を支える公共交通機関です。

地下鉄として市民の生活を支える一方、駅構内には壁画アートなど様々なアート作品も描かれています。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。