Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
自然

【メーラレン湖】スウェーデンで3番目に大きい広大な淡水湖

メーラレン湖
Pocket

スウェーデンの首都ストックホルムの西側にはメーラレン湖という、スウェーデンで3番目に広い淡水湖があります。

ヴァイキング時代の言語である古ノルド語を語源とし、湖周辺には数々の歴史的な城や要塞も築かれるなど、古くからスウェーデンの文化や経済に関わってきました。

ここではメーラレン湖について特徴や歴史、湖と関わりの深い歴史的スポットを紹介していきますので、是非読んでみてください。

この記事で学べること
  • 湖の名前の由来
  • 北欧神話の中のメーラレン湖
  • メーラレン湖周辺の有名スポット

スウェーデン第3の湖であるメーラレン湖

メーラレン湖はスウェーデン南西部に位置する淡水湖です。

別名メーラル湖とも呼ばれるメーラレン湖は、スウェーデン国内においてヴェーネルン湖、ヴェッテルン湖に次ぐ3番目に巨大な湖として知られています。

メーラレン湖全体の面積は1140㎢で、水深も最も深い場所で64mあると言われています。

ちなみに日本最大の湖である琵琶湖の面積が約670㎢なので、メーラレン湖は琵琶湖の2倍近い広さがあるのです。

また、メーラレン湖という名称は、8世紀〜14世紀にスカンジナヴィア諸国で用いられていた古ノルド語で、礫を表す「mælir」に由来していると言われています。

北欧神話にも登場する湖

中世に北欧一帯で話されていた古ノルド語が語源のメーラレン湖は、古くからスウェーデンの文化や記録にその名が登場しています。

実は北欧神話の「ゲフィオンの国引き」にも、メーラレン湖という名称が使われているんですよ。

「ゲフィオンの国引き」を簡単に説明すると、題名にもなっている女神ゲフィオンは神々の王オーディンから「新たな土地を開拓せよ」という命令を受けます。

ゲフィオンはスウェーデン国王ギュルディをたぶらかし、彼の所有する国土を、自身の4人の息子を牛の姿に変えて耕作し領土にしたという内容です。

そして、ゲフィオンが土地を開拓する際に生まれた巨大な跡地に雨水が溜まり、やがて「メーラレン湖」と呼ばれる大きな湖が生まれたのです。

ゲフィオンの噴水
【ゲフィオンの噴水】北欧神話のゲフィオンに由来する名所 デンマークのコペンハーゲンには、北欧神話に出てくる女神ゲフィオンの伝説がベースとなった、「ゲフィオンの噴水」というスポットがあります。...

メーラレン湖周辺にある名所を紹介

メーラレン湖は古くからスウェーデンの歴史と共にあり、湖の周辺には中世の遺跡や城など、数多くの世界遺産もあります。ここではメーラレン湖にある名所をいくつか紹介していきたいと思います。

グリプスホルム城

グリプスホルム城はメーラレン湖の湖畔に佇み、14世紀に要塞として建築された古城です。

ボー・ヨンソンという人物によって1380年頃に建てられた後、1526年にはスウェーデン王グスタフ・ヴァーサに押収され、スウェーデン王室の居城として利用されます。

さらに1713年からおよそ60年間は監獄として使われるなど、時の権力者によって様々な目的に利用されてきた城なのです。

現在では16世紀の歴史的価値の高いコレクションなどが展示される観光名所として一般公開されています。

グリプスホルム城
【グリプスホルム城】スウェーデンのメーラレン湖沿いにある古城スウェーデンで3番目の規模を誇るメーラレン湖のほとりには、グリプスホルム城と呼ばれる城があります。1380年頃に建てられたという非常に古い城であり、王宮から監獄まで、数百年に渡って様々な目的に利用されてきた背景も持っています。ここではグリプスホルム城に焦点を当て、その特徴や数百年に渡る歴史などを解説していきます。...

ドロットニングホルム宮殿

メーラレン湖のローベン島には、1991年に世界遺産に登録されたドロットニングホルム宮殿があります。

ドロットニングホルム宮殿とはスウェーデン王室の離宮であり、別名「北欧のヴェルサイユ宮殿」とも称される美しさも有名です。

ドロットニングホルム宮殿を知りたい人は、こちらの記事も読んでみてください。

【ドロットニングホルム宮殿】スウェーデン王が暮らす世界遺産 北欧のヴェルサイユとも称される、スウェーデンで世界遺産にも登録されている宮殿、「ドロットニングホルム宮殿」。 スウェーデン語で王...

ビルカとホーヴゴーデン

メーラレン湖には1000以上にも及ぶ大小様々な島があります。そして1993年にはビェルケ島のビルカ、アデルスユー島のホーヴゴーデンという遺跡が世界遺産として登録されました。

ビェルケ島にあるビルカはヴァイキング時代に海賊達の交易都市として繁栄した都市遺跡です。

ビルカの遺跡からは装飾品や青銅製品など、中世当時の交易の様子を伝える数多くの調度品も出土しています。

その記録から、ビルカを占領していたヴァイキングは東欧からイスラム世界に至るまで、広大な交易販路を持っていたことが判明しています。

また、ビルカには831年に聖アンスガルが建築したスウェーデン最古のキリスト教の集会所もあります。

一方でビェルケ島に隣接したアデルスユー島のホーヴゴーデンも、1993年にビルカと共に世界遺産に登録された遺跡です。

ホーヴゴーデンは10世紀〜11世紀にかけてヴァイキングが占領し、彼らが去った後にはスウェーデン王宮が置かれました。

ホーヴゴーデンはビルカから目と鼻の先にあり、当時交易で莫大な経済力を持っていたビルカを監督する行政府の役割も果たしました。

14世紀にスウェーデンの首都がストックホルムに移されるまで、ビルカとホーヴゴーデンの両都市はスウェーデン経済の基盤だったのです。

まとめ

ここまでスウェーデンのメーラレン湖について紹介してきました。

メーラレン湖は日本最大の湖である琵琶湖の2倍近い大きさがあり、その雄大な自然景観は観光で訪れた人を魅了して止みません。

また、ヴァイキング時代の都市遺跡であるビルカやホーヴゴーデン、スウェーデン王家の王宮などメーラレン湖周辺には数々の世界遺産も見ることができます。

ストックホルムからメーラレン湖へは日帰りで向かうことができ、湖周辺の島々を巡る観光ツアーも開催されているようです。

スウェーデン旅行の際は、是非メーラレン湖も候補に加えてみてください。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。