Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
建築

【グリプスホルム城】スウェーデンのメーラレン湖沿いにある古城

グリプスホルム城
Pocket

スウェーデンで3番目の規模を誇るメーラレン湖のほとりには、グリプスホルム城と呼ばれる城があります。

1380年頃に建てられたという非常に古い城であり、王宮から監獄まで、数百年に渡って様々な目的に利用されてきた背景も持っています。

ここではグリプスホルム城に焦点を当て、その特徴や数百年に渡る歴史、現在はどうなっているかなどを解説していきます。

この記事で学べること
  • グリプスホルム城が建築された目的
  • 城が辿った波瀾万丈な歴史
  • グリプスホルム城の現在

スウェーデンの古城、グリプスホルム城

スウェーデン南東部のマリエフレード、その町の近郊に位置する古城と知られているのが、今回紹介するグリプスホルム城です。

グリプスホルム城は約1380年頃に、ボー・ヨンソン・グリープという人物が建築した城であり、当初は要塞として使用することが目的でした。

その後グリプスホルム城は所有者や時代の変化に伴って改修が繰り返され、現在ではスウェーデンの歴史的調度品が収納された観光名所となっています。

また、グリプスホルム城からはメーラレン湖という巨大で美しい湖も見ることができます。

メーラレン湖は、スウェーデンで3番目に大きい淡水湖として有名な湖です。

全体の面積は1140㎢、最も深い場所で水深64mとなっています。豊かな生態系も特徴で、絶滅危惧種の鳥類も生息しています。

グリプスホルム城の凛とした外観と穏やかなメーラレン湖、両者が織りなす景色は非常に優美で魅力です。

そのため、毎年多くの旅行客がその光景をカメラに収めようと訪れるのだとか。

メーラレン湖
【メーラレン湖】スウェーデンで3番目に大きい広大な淡水湖スウェーデンの首都ストックホルムの西側にはメーラレン湖という、スウェーデンで3番目に広い淡水湖があります。ここではメーラレン湖について特徴や歴史、湖と関わりの深い歴史的スポットを紹介していきますので、是非読んでみてください。...

グリプスホルム城が辿った歴史

ここでは14世紀末期に建築されたグリプスホルム城がどのような歴史を辿ったのかを解説していきます。

先ほども紹介した通り、グリプスホルム城は1380年にボー・ヨンソン・グリープが要塞として築いたのが始まりです。

そして建築後しばらくの間は、ボー・ヨンソンの一族がグリプスホルム城を所有していました。

しかし1526年、グリプスホルム城はスウェーデン王のグスタフ・ヴァーサに押収されることとなります。

グルタフ・ヴァーサ国王はグリプスホルム城を押収後、城の四方に円形塔と大砲の攻撃を防ぐ城壁を造るなど、近代型の要塞に改めて改修しました。

それと同時に、グリプスホルム城はグルタフ・ヴァーサの代からスウェーデン王家の居城として1713年まで利用されました。

一方で1713年から1773年のおよそ60年間は、監獄として使用されることになります。

その後も1773年にはグスタフ3世が再度城を改築し劇場を作るなど、グリプスホルム城はその時々の所有者の手によって改修が繰り返されていきました。

グリプスホルム城内部は見学も可能

初めは要塞として建築され、16世紀にはスウェーデン王室の居城となり、一時期は監獄として使われるなど、グリプスホルム城は建設以来様々な用途で使用されてきました。

そして現在、グリプスホルム城は歴史的名所として一般公開されており、国立絵画コレクションや16世紀の調度品が収納されています。

中世のスウェーデンを物語る歴史的コレクションの数々は、歴史好きなら必見と言われています。

まとめ

ここまでグリプスホルム城について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

スウェーデンのメーラレン湖沿いに14世紀に建築されて以来、グリプスホルム城は要塞に王宮、監獄まで時代によってその姿を変えてきました。

そして21世紀はスウェーデンの歴史あるスポットとして、そして広大なメーラレン湖をバックに堂々と佇む美しい古城として、多くの観光客を魅力し続けているのです。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。