Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
建築

【ノルウェー王宮】現ノルウェー国王と王妃が暮らす宮殿

Pocket

ノルウェーのオスロにはノルウェー王宮という、現ノルウェー国王と王妃が暮らす宮殿が建っています。

ノルウェー王宮はその美しい佇まいはもちろん、衛兵交代式や自然豊かな公園、王宮正面に立つ騎馬像も必見です。

ここではそんなノルウェー王宮について詳しく解説していきます。ノルウェーのロイヤルファミリーについても紹介しているので、是非読んでみてください。

この記事で学べること
  • ノルウェー王宮はいつ完成し、誰が住んでいるのか
  • 王宮で見られる数々の有名スポットについて
  • スウェーデン王の銅像が敷地内にある理由

現ノルウェー王室の居城である宮殿

ノルウェー王宮は首都オスロにある宮殿で、現ノルウェー国王ハーラル5世とソニヤ王妃の居城でもあります。

ノルウェー王宮は1824年にスウェーデン国王カール・ヨハンの指令の元に着工し、1848年に完成を迎えました。

そして王宮はオスロ市内のメインストリートである、カール・ヨハン通りの丘の上に建っています。

このカール・ヨハン通りという名称も、1852年にカール・ヨハンを讃える目的で命名されました。

ノルウェー王宮の見所

淡い黄色の外観のノルウェー王宮は荘厳さと素朴さを併せ持ち、ノルウェーの街並みとも見事に調和しています。

ノルウェー王宮の敷地内には王宮公園と呼ばれる広場もあり、無料で入ることもできます。

芝生の緑が映える自然スポットとして、オスロ市民憩いの場ともなっているそうです。

王宮で毎日13時30分から行われる衛兵交代式も有名です。正装に身を包んだ衛兵が一糸乱れぬ動きで入れ替わる光景を見ることができます。

ノルウェー国王が滞在している時には、音楽隊による楽器演奏も聴くことができますよ。

また、ノルウェー王宮は普段はノルウェー王家が暮らしているため、一般の人は基本的に中へは入ることはできません。

例外として、6月下旬~8月下旬の夏季シーズンにノルウェー王宮の見学ツアーが開催されており、ツアーに参加すれば王宮内部を見ることができます。

王宮へ入場できる方法はこのガイドツアーのみなので、旅行の際は忘れずに参加申し込みをしておきましょう。

スウェーデン国王の銅像が王宮にある理由

さらに王宮正面には、スウェーデン国王カール・ヨハンの騎馬像もそびえ立っています。

なぜ、ノルウェー王宮前にスウェーデンの王様の銅像があるのでしょうか?

実はノルウェーは、1814年~1905年のおよそ90年間に渡ってスウェーデンに支配されていた歴史があります。

1824年のノルウェー王宮の建築当時もノルウェーはスウェーデン領でした。

そして占領時はスウェーデン国王が同時にノルウェー国王を兼任していたのです。

そのためノルウェーが独立を果たした現代でも、当時建設を主導したスウェーデン王カール・ヨハンの銅像がそのまま残されているのです。

国民との距離感が近いノルウェー王室

ノルウェー王宮の特徴として、王宮の周囲には柵や塀はなく、派手な装飾もほとんどありません。

王宮自体の造りも、海外の他の王族の住まいと比べて小さめです。

ただ、これはノルウェー国民と王族との距離感の近さ、身近さの表れでもあります。

というのも、ノルウェー王室は元々国民と距離が近い一家として有名なのです。

例えば2016年に行われたノルウェー国王在位25周年を記念する祝賀行事では王宮前にスキー場が用意され、国王と王妃はカジュアルなスキーウェアを着て登場。駆けつけた国民の前でスキーを披露しました。

また、現ノルウェー王妃のソニヤ王妃は元々、洋服店を営む両親から生まれた一般女性であることも国民から親しまれる理由なのだと思います。

まとめ

ここまで、ノルウェーのオスロにあるノルウェー王宮について紹介してきました。

1848年に完成した宮殿で、現在ではノルウェー国王ハーラル5世と王妃が暮らしています。

夏季限定となりますが一般人も王宮内を見学することができるので、興味がある人は是非ガイドツアーに参加してみましょう。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。