ノルウェー

【ペーパークリップ】第二次世界大戦時のノルウェー団結の象徴

paper-clip
Pocket

ペーパークリップといえば書類の束をまとめる時に便利な、私たちにも身近な文房具の1つです。

自宅や会社の引き出しに大量ストックしている人も多いのではないでしょうか。

一方、ペーパークリップの普及度に対して、誰がいつ開発したのかという歴史部分はあまり知られていません。

そこで今回は北欧のノルウェーとも関係がある、ペーパークリップの歴史について紹介していきます。

書類整理に便利なペーパークリップ

ペーパークリップは紙の束を仕分けたり分厚い書類をまとめるなど、幅広いシーンで役に立つ文房具としてお馴染みです。

針金を折り曲げたシンプルな構造でありながら、汎用性の高さや価格の安さから、学校からオフィスまで至る所で使われています。

このように私たちがペーパークリップと呼ぶアイテムですが、「ペーパークリップ」というのはツールの総称であり、実際には形や用途ごとに様々な種類があります。

最もスタンダードなのが、ゼノクリップと呼ばれる楕円形のクリップです。

針金が二重に巻かれた構造で彩色も多種多様。100均スーパーでもよく見かけるやつですね。

他にも上の写真のような、大学やオフィスなど大量の書類をまとめる場面で使われるバインダークリップも有名です。

ノルウェー人のヨハン・バーラーが特許を取得

書類仕事に欠かせないペーパークリップですが、その開発者に関しては現在でも諸説あります。

その中で開発者の一人に名前があがるのが、ノルウェー人のヨハン・バーラーという人物です。

バーラーは1866年にノルウェーで生まれました。クリスチャニア大学卒業後はオスロの特許事務所で特許審査官として勤務します。

そしてペーパークリップは、バーラーが特許審査官として働いていた1899年に特許を取得しました。

正確には1899年にまずドイツで特許を取得、2年後の1901年にはアメリカでも同様に特許を申請・取得しました。

ノルウェー国外で特許を申請したのは、小国のノルウェーを凌駕するアメリカとドイツの巨大な市場を意識したマーケティング的な理由とされています。

ペーパークリップの開発者を巡る誤解

ノルウェーのヨハン・バーラーがペーパークリップの開発者として広く認知されていますが、実際にはこの説には誤解があります。

まず、バーラーがペーパークリップの特許を申請する以前から類似したツールは存在していました。

それはイギリスのゼム・マニファクチュアリング・カンパニーが開発したゼムクリップです。

ゼムクリップは先述した通り、現在流通している中で最も普及しているクリップです。

ゼムクリップは1800年代後半には既に存在していました。

しかしバーラーが特許出願した時点では、ゼムクリップを開発したゼム社は特許を取得していませんでした。

こうした経緯により、現在ではヨハン・バーラーがペーパークリップの開発者という認識が一般的となっています。

第二次世界大戦における団結のシンボル

ヨハン・バーラーが1899年にペーパークリップの特許を取得した後も、しばらくの間はほとんど認知度がありませんでした。

ノルウェーでペーパークリップとその開発者の名前が広まったきっかけが、第二次世界大戦です。

第二次世界大戦時において、ノルウェーはナチス・ドイツ軍の占領下にありました。

当時のノルウェー国王ホーソン7世はイギリスに亡命し、ロンドンでノルウェー亡命政権を樹立。一方でノルウェー国民もナチスによる圧政で非常に苦しい状況にありました。

その中でノルウェーでは、ノルウェー国王への忠誠、そして市民の団結と抵抗の象徴としてペーパークリップが用いられました。

ペーパークリップは紙を1つに束ねる役割を持つことから、それが転じてノルウェーの人々を繋ぎ止める団結のシンボルとして扱われるようになったのです。

市民はペーパークリップを服に付けて行動し、お互いに結束の意思を示しました。

戦後にはこの出来事が契機となり、ペーパークリップと開発者ヨハン・バーラーの名前がノルウェー国内で大々的に広まります。

1989年にはその功績から、サンドヴィカという都市にあるBI経営大学キャンパスに、全長約7mのペーパークリップのオブジェも建築されました。

まとめ

オフィスや学校で活躍する文房具のペーパークリップは、北欧のノルウェーとも大きな関わりがあります。

開発者の一人とされるノルウェーのヨハン・バーラーが1899年に特許を出願する以前にも、イギリスの会社が製作したゼムクリップなど同様の道具は存在しており、実際のところペーパークリップの最初の発明者はわかっていません。

しかし第二次世界大戦でノルウェー人の団結のシンボルとして利用されたことがきっかけで、バーラーがペーパークリップの開発者と認知されるようになったのです。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。