【ティビアキス】ケシの実をトッピングしたデンマークの朝食パン

ティビアキス 食事
Pocket

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

酪農大国であるデンマークにはバターやミルクを使ったパンが数多くあり、今回紹介するティビアキスもその1つです。

デニッシュ生地にバターとケシの実を加えたティビアキスは、デンマークではお馴染みのパンとなっています。

ここではデンマークのケシの実パンことティビアキスについて、詳しいレシピや名前の由来について解説していきます。

北欧のベーカリーに興味がある人は、是非読んでみてください。

ティビアキスはデンマーク定番の朝食パン

ティビアキスとはデンマークの朝食でよく食べられている定番のパンで、上からトッピングとしてケシの実が振りかけられているのが特徴です。

元々デンマークは酪農が主要な産業であり、日常的に食べられているパンもチーズやミルクを使った品が多くあります。

例えば代表的なのが、日本でも大人気の菓子パンであるデニッシュだと思います。

ティビアキスもバターに塩、水に小麦粉、牛乳を基本の材料としたデニッシュタイプのパンの1種です。

ティビアキスとデニッシュで違うのが、デニッシュは砂糖で甘く味付けしている一方、ティビアキスはバターペーストを使った塩気ある味となっている点です。

バターペーストが練り込まれたパン生地の層が特徴

ティビアキスはクロワッサンのように薄いパン生地が幾重にも層になっており、サクサクとした食感を楽しむことができます。

生地は全部で27層あります。これはパン生地を3つ折りにして畳み、この作業を3回繰り返して作られるためです。

そしてティビアキスの層状に重なった生地には、たっぷりとバターペーストが練り込まれているのがポイントとなっています。

砂糖やフルーツたっぷりのリッチ&スイーツ系の味が一般的なデニッシュも良いですが、たまには甘いパンではなく、あっさりとした塩味のパンも欲しくなりますからね。

ただし、食べ過ぎには注意も必要です。なぜならティビアキスはバターを多量に使うため(最大で70%)、1個食べるだけでもかなりの高カロリーとなってしまいます。

ティビアキスの名前の由来

ティビアキスという名前の由来として、「ティ」は「お茶」、「ビアキス」は「ケシの実」を意味しています。

ティビアキスの「ビアキス」は正確にはデンマーク語で「白ケシの実」を表している言葉ですが、実際は黒ケシの実をトッピングすることも珍しくありません。

また、名前の前半部分が「ティ(茶)」を意味していることからも分かる通り、ティビアキスはコーヒーや紅茶といったお茶と相性抜群のパンとしても知られています。

ティビアキスの起源

デンマークで代表的なパンと聞いて、おそらく多くの人がデニッシュを思い浮かべると思います。

ただこれはよくある間違いなのですが、デニッシュはデンマーク発祥のパンではなく、オーストリア・ウィーンが起源とされています。

デンマークをはじめとする北欧諸国は一年を通して寒冷な気候であり、小麦の栽培には適していません。

そのため小麦は庶民にとっては希少な品であり、小麦の代わりにライ麦を使った黒パン(ライ麦パン)が日常的に食べられてきました。

そのためデニッシュのような精製された小麦を使ったパンがデンマークに入ってきたのはごく最近のことなのです。

そしてティビアキスも、その発祥については諸説ありますが、有力なのがデニッシュの形で19世紀のオーストリアから伝わったパンが独自のアレンジを遂げて生まれたという説です。

19世紀当時、オーストリアではパン屋がストライキを起こします。

その中でオーストリア国内のパン屋は抜け駆けになってしまうことを恐れて、表立ってデンマークでパンを販売することができない状況にありました。

そのような事情からオーストリアからデンマークに移った職人もおり、彼らはデンマークに数々のパンのレシピを伝えました。

デニッシュの源流となったパンもこの時に伝わったと言われています。

こうしてデンマークのパン屋に伝わったレシピを元に、デンマークのパン屋がバターペーストやケシの実のトッピングを追加して誕生したのが、現在のティビアキスとされています。

デニッシュがデンマークにどのようにして伝わったのか、その背景については以下の記事で解説しています。こちらも合わせて読んでみてください。

まとめ

デンマークで愛されるデニッシュタイプのパンの1つであるティビアキスについて、ここまで紹介してきました。

バターペーストとケシの実が使われたティビアキスは、日本を含め海外ではあまり見られないデンマークならではのパンと言えます。

また、デンマークのデニッシュは生クリームやジャム、ドライフルーツなどがトッピングされることも珍しくありません。

しかしティビアキスのトッピングが基本的に芥子の実のみです。

そのためティビアキスはケシの実やバター本来の、混じり気のないシンプルな風味や美味しさを楽しめるパンとなっています。

タイトルとURLをコピーしました