【キャセロール】簡単レシピが魅力のフィンランドのオーブン料理

キャセロール 食事
Pocket

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

フィンランドにはキャセロールという、グラタンに似たオーブン料理があります。

キャセロールは耐熱容器に野菜や肉魚、マカロニやご飯など好きな具材を入れてオーブンで焼くというシンプルなレシピが特徴です。

その手軽さもあって、フィンランドの家庭では忙しい時に重宝する便利レシピとして親しまれている料理なんですよ。

この記事では、簡単調理&栄養豊富なキャセロールについて、より掘り下げて紹介していきます。

フィンランドの家庭料理に興味がある人や、時短レシピを探している人は是非見てみてください。

フィンランドの家庭料理、キャセロールとは?

キャセロールは鍋やグラタン皿など耐熱容器に刻んだ野菜や肉・魚、お米やチーズなどの具材を入れてオーブンで焼いた、オーブン料理の1つです。

キャセロールは元々は北米発祥のオーブン料理ですが、その調理の手軽さとボリュームから、フィンランドの家庭でも頻繁に登場する料理となっています。

底が深いオーブン皿に好きな食材を詰めてオーブンで焼くというそのレシピは、グラタンに近いかもしれません。

ただ、キャセロールでは野菜やチーズ以外にも、お米やパスタ麺、シロップなどの甘味料も使用するなど、レシピのアレンジの幅が広いのがポイントです。

時短&簡単レシピが魅力

キャセロールのレシピは非常にシンプルで、基本的に鍋に食べたい具材を詰め込んで、オーブンで加熱するだけです。

オーブンで焼き上げた後は容器ごとそのままテーブルに出せるので、皿にわざわざ移す手間が省け、さらに洗い物の量も減らすことができます。

また、冷蔵庫の余り物を処分したい時にもキャセロールは大活躍です。日本でも、余った食材を野菜炒めや肉じゃがにして一斉処分する人も多いのではないでしょうか。

キャセロールが持つ時短・シンプル、栄養豊富という特徴はフィンランド人の生活習慣にマッチしており、それがこの料理の人気の理由にもなっています。

なぜならフィンランドの家庭では、男女平等が進み共働き家庭が多いということもあり、基本的に自炊にはあまり時間をかけません。

温かい料理を食べるのは夕食のみで、朝食と昼食は前日の余り物やサンドイッチなど簡単な料理で済ませます。

フィンランドで鍋料理やオーブン料理が多いのも、調理の手間をできる限り省きたいと考えるフィンランド人の意識の表れなのかもしれません。

だからこそ、シンプルなレシピ、豊富に野菜を摂れる、そして冷蔵庫の在庫処分もできるキャセロールはフィンランドの家庭で好んで作られるようになったのです。

幅広いアレンジレシピの数々

キャセロールのレパートリーは非常に多く、野菜にお肉、魚介にマカロニまで多種多様です。

例えばリンゴンベリージャムやシロップを加えて甘く味付けしたり、生クリームでクリーミーに仕上げたりと、フィンランドの家庭の数だけアレンジメニューがある程です。

また、フィンランドでは日本同様にお米も広く食べられており、チーズやクリームソースと共にご飯を入れたドリア風のキャセロールもあります。

ちなみにフィンランドではクリスマスのディナーにもキャセロールが登場します。

フィンランドのクリスマスで伝統的に食べられているキャセロールは大きく分けて3つ、「人参のキャセロール」、「ジャガイモのキャセロール」、「ルタバガのキャセロール」です。

人参は砂糖の普及前からヨーロッパで甘味料の代わりとして使われる程、現地ではポピュラーな食材です。ジャガイモも高い耐寒性と保存性から、フィンランドでは昔から主食として食べられてきました。

人参とジャガイモのキャセロールはイメージはしやすいと思いますが、「ルタバガ」という食材に関しては、おそらく初耳なのではないでしょうか。

ルタバガは別名スウェーデンカブと呼ばれる、スウェーデン原産のかぶの1種です。

日本では滅多に見かけないカブですが、北欧ではお馴染みの食材となっています。

ルタバガは煮崩れしにくいので、スープやシチューといった煮込み料理の具材としてよく利用されます。

また、甘味もあるため、フィンランドではルタバガを生のままサラダで食べることもあるそうです。

キャセロールの語源について

「キャセロール」と言う料理名は、フランスで鍋を意味する「casserole」から来ています。ただキャセロールは英語圏の呼び方で、フィンランドでは呼び方は異なっています。

フィンランドでは、キャベツキャセロールは「カーリラーティッコ(kaali laatikko)」、ジャガイモのキャセロールは「ペルナラーティッコ(perunalaatikko)」です。

このようにフィンランドでは、キャセロールのことを「〇〇ラーティッコ」と呼んでいます。

この「ラーティッコ」は、フィンランド語で「箱」という意味で、例えばペルナラーティッコは直訳すると「ジャガイモ箱」となります。

キャセロールがフィンランドで箱を意味するラーティッコと呼ばれているのは、具材を入れる容器を箱に見立てたからだと言われています。

キャセロールが北米で生まれた背景

キャセロールは元々、20世紀に北米で生まれたオーブン料理です。

北米でキャセロールが誕生した背景として、20世紀初期に安価な耐熱容器が一般家庭に普及したことや、第一次世界大戦・世界恐慌の食糧不足時において、冷蔵庫の有り合わせの材料でも作れる手軽さが好まれたからだと言われています。

1950年代以降には女性の社会進出や共働きの増加に伴って、簡単かつ短時間で作れるキャセロールは北米で人気の家庭料理となりました。

まとめ

ここまでフィンランドで親しまれるオーブン料理、キャセロールについて紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

キャセロールは耐熱容器に素材を入れて焼くシンプルな料理ですが、逆にその手軽さが人気となり、サクッと調理を済ませたいフィンランド家庭に広まりました。

冷蔵庫にある食材だけですぐに調理でき、肉や魚、ご飯までレシピのレパートリーも幅広いキャセロール。是非、今度の夕食に作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました