【バブルサッカー】ノルウェー生まれのユニークなスポーツ

バブルサッカー 行事

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

近年海外や日本国内でも人気爆発中のスポーツである、「バブルサッカー」。

中に空気が入った巨大なビニールボールを上半身から被った状態でサッカーを行う、とても個性的なスポーツです。

バブルサッカーは北欧のノルウェーが発祥であり、元々はバラエティ番組の企画から始まりました。

今回はバブルボールを装備してサッカーをするユニークなスポーツ、バブルサッカーについて解説していきます。

バブルサッカーの特徴

「バブルサッカー」とは、ビニール製の大きなバブルボールを上半身から被った状態で行う、ノルウェー生まれのサッカーです。

バブルサッカー最大の特徴となっているのが、ノルウェーの「BUMPER」という名称のバブルボールです。

バブルボール中心部には人1人分の筒状の空洞があり、その空洞に上半身を通して体の周囲をバブルボールで覆います。

空洞の壁面にはリュックのような肩帯に、手で握る取手も付いているので安定性も問題ありません。

バブルボールの直径は1.5mもあり、大の大人がすっぽりと収まってしまうほどの大きさがあります。

重量もボールによって8kg〜13kgと、重さもそれなりにあります。

バブルサッカーのルールとして、後ほど詳しく説明しますが、バブルボールを被るというユニークな特徴以外は基本的にフットサルのルールと変わりません。

他にサッカーと違う点といえば、ラグビーのようにサッカーボールを持っている相手への体当たりが認められています。

といっても装着したバブルボールが衝撃を吸収してくれるので、タックルといっても怪我の危険はほとんどありません。

そのためバブルサッカーは本格派スポーツというよりは、ストレス発散や皆で楽しく盛り上がれるコミュニケーション・レクリエーション要素が強いスポーツと言えます。

発祥はノルウェーのバラエティ番組

バブルサッカーが生まれたのは、北欧諸国の1つであり氷河が作り出す大自然が魅力の国、ノルウェーです。

バブルサッカー誕生のきっかけとなったのが、2009年にノルウェー国内で放送された「Golden Goal」というバラエティ番組です。

放送当時はバブルサッカーはバラエティ番組の企画の1つとして取り上げられたのですが、放送終了後にバブルサッカーが動画投稿サイトを通して拡散され、それまでのサッカーの概念を覆すユニークさから瞬く間に有名になりました。

そうしてノルウェーのスポーツバラエティ番組で登場したバブルサッカーは、ノルウェー国内から北欧諸国、欧州へとその知名度を広げていったのです。

近年世界中で注目のスポーツ

ノルウェーで生まれたバブルサッカーは、2000年代に誕生したばかりの新しいスポーツにも関わらず、現在世界中で競技人口が増加している注目のスポーツとなっています。

ノルウェーや他のスカンジナビア諸国、ヨーロッパやアメリカまでバブルサッカー人気は広がり、各国でバブルサッカーのチームも結成されています。

日本にも2014年頃にバブルサッカーが到来したとされ、東京や大阪などの都市圏では頻繁にバブルサッカーの試合が開催されています。

バブルサッカーは、「IBFA(International Bubble Football Association)」と呼ばれる国際組織も設立されており、今後はバブルサッカーのワールドカップも計画していると言われています。

日本にもバブルサッカー協会という組織が設立され、主にバブルサッカーの普及活動を行なっています。

実力や性別関係なく誰でも楽しめるのが魅力

バブルサッカーが短期間にここまで世界各地でプレーされるようになったのは、運動スキルや性別、年齢問わず誰でも気軽に楽しめるスポーツであるということも大きな理由でしょう。

バブルサッカーは身動きがコントロールしづらいバブルボールを被ってプレーする独特なスタイルから、良くも悪くもプレイヤーの体格差や実力差が他のスポーツと比べても表れにくくなっています

男性や女性、サッカー経験の有無に関わらず誰でも平等に参加することができるその敷居の低さから、親睦を深めるためのレクリエーションとして、企業のスポーツサークルから地域コミュニティまで幅広い層に受け入れられたのでしょう。

また、安全にプレーするためにバブルボールを着用できるのは身長150cm以上、体重90kg以下の人のみという制限があるものの、標準体型の人ならば老若男女問わず誰でもバブルサッカーを楽しむことができます。

さらに、最近は幼児から小学生も着用できる子供用のバブルボールも販売されるようになり、子供から大人まで誰でもバブルサッカーに参加できるようになっています。

バブルサッカーの基本的なルール

バブルサッカーには厳格に定められたルールというものがまだなく、各国や運営グループによってルールは若干異なっています。ただ、基本的にはフットサルに近いルールが適用されています。

バブルサッカーのプレイヤーはバブリストと呼ばれ、1チームあたりの人数は4人〜5人で結成されます。その内の1人はゴールキーパーを担当します。

そしてバブルサッカーで最初に大きな盛り上がりを見せるのが、バブルアタックとも称される、迫力ある試合開始の合図です。

コート中央部のセンターサークルに置かれたサッカーボールに向かって、両サイドから参加チームが一斉に突進を行うバブルアタックを契機に、およそ10分間のバブルサッカーの試合がスタートするのです。

レクリエーションとしてカジュアルに、自由に楽しめるイメージがあるバブルサッカーですが、もちろん他のスポーツ同様に反則行為も存在しています。

着用しているバブルボールで地面のサッカーボールに覆い被さり妨害する「オーバーボール(Over Ball」、バブルボールの筒状の空洞部にボールが入ってしまう「ヘッドイン(Head In)」

他にもボールを所持していない無関係な相手プレイヤーへの故意の体当たりである「バブルバンプ(Bubble Bump)」といった行為が禁止・反則行為として設定されています。

安全にプレーするための心得

バブルサッカーは体全体を覆うバブルボールがクッション代わりになってくれるので、体当たりされたり地面を転がっても、衝撃で体を傷つけることなく安全に楽しむことができます。

注意点として、バブルボールはビニール製の風船となっているので、先端が鋭利な金属が刺さってしまうと破裂する可能性があります。

そのためバブルサッカーの前には、ピアスや指輪、腕時計といったアクセサリー類は安全のために外すようにしましょう。

また、いきなり試合を行うのは不安という人でも安心な、バブルサッカー以外にも様々なプレーも用意されています。

土俵の外に相手を押し出して遊ぶ「バブル相撲」、コート内でプレイヤー全員が押し合いをして相手を場外に出すという、バトルロワイヤルならぬ「バブルロワイヤル」といったレクリエーションも人気となっています。

こうして徐々にバブルボールの感覚に体を慣らしていき、バブルサッカー本番に臨みましょう。

まとめ

北欧ノルウェーのスポーツ系バラエティ番組から生まれた、バブルボールを被ってボールを追いかけるバブルサッカー。

プレーする選手自身はもちろん、予想外の動きを見せるバブルサッカーは観客としても楽しむことができます。

思いっきり動いて相手に体当たりをするバブルサッカーは、ダイエットやストレス発散にも最適なので、機会があれば是非挑戦してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました