食事

【グロッグ】北欧のクリスマスに飲むスパイス入りホットワイン

ホットワイン グロッグ
Pocket

こんにちは、伊東琢哉です。

日本では冬の季節に甘酒を飲む習慣がありますが、実は北欧でもクリスマスになると、「グロック」と呼ばれるホットワインが飲まれるようになります。

日本といえばワインは常温で飲むものですが、北欧やヨーロッパではワインは温めて飲むことが多いんです。

今回はそんな北欧のクリスマスシーズンの特別なホットワイン、グロックについて詳しく紹介していきます。

グロッグは北欧のスパイス入りホットワイン

グロックとは、北欧で古くから飲まれている伝統的なスパイス入りホットワインです。

北欧やヨーロッパではクリスマスシーズンにホットワインを飲む習慣があり、温めたワインにスパイスを加えた大人の味わいを楽しめるワインとして幅広く親しまれています。

また、グロッグのレシピは国ごとに若干異なり、例えばスウェーデンのグロッグでは温めたワインにアーモンドとレーズンを入れるのが特徴となっています。

グロッグという名前の由来は、古いスウェーデン語で「暖める」を意味する言葉が語源と言われています。

ワインを温めて飲むというのは、日本だと珍しく聞こえるかもしれません。

ただ、北欧やヨーロッパ各国では冬場にワインを鍋で温めて、ホットワインとして飲むことは一般的なものとなっています。

北欧やヨーロッパのクリスマスでも、体を芯から温めてくれるホットワインはクリスマスケーキと並び欠かせない飲み物なのです。

ちなみに、「ホットワイン」というのは和製英語で日本ならではの呼び方です。

温めたワインはドイツ語では「グリューワイン(Glühwein)」、英語では「マルドワイン(Mulled Wine)」と呼ばれています。

クリスマスシーズン限定の特別品

北欧では、グロッグはクリスマスの季節に飲むことができる特別な飲み物となっています。

日本ではハロウィンが終わると、すぐにクリスマスシーズンに突入しますよね。

日本では多くのお店で11月1日になると、前日のハロウィンとは打って変わって、街の装飾や企業のキャンペーンがクリスマス仕様一色になると思います。

一方で北欧でも、アドヴェント(待降節)と呼ばれる期間に入ると、街全体がクリスマス一色となります。

アドヴェントというのは、12月25日のクリスマスまでの約4週間の期間のことです。

12月25日のクリスマスから4週間遡った、11月30日を起点に最も近い日曜日がアドヴェント開始日となります。

アドヴェント
【アドベント】北欧中でクリスマス準備が始まる1ヶ月間北欧ではクリスマス前の4週間をアドヴェントと呼んでおり、キリストが誕生するクリスマス当日を楽しみに待つ特別な期間があります。北欧ではこのアドベント期間になると街中でイルミネーションやマーケット、イベントが開催されるなど本格的なクリスマスシーズンが到来します。今回はクリスマスの前哨戦である、アドベントについて詳しく解説していきます。...

キリスト教文化圏においてアドヴェントは、キリストの誕生を心待ちにする期間とされています。

アドヴェントからクリスマス当日までの4週間の間に、教会ではアドヴェントクランツという、1週間に1本ずつキャンドルの火を灯す伝統があります。

そうして4本のキャンドル全てに明かりが灯ったら、いよいよクリスマスとなるわけです。

そしてアドヴェントの期間には、北欧各地でグロッグが飲まれるようになります。

クリスマスシーズンにはグロッグに加えて、北欧スウェーデンではジンジャークッキーやサフランが入ったルッセカットなど、体を内側から温めてくれるスパイス入りの食べ物がよく食べられるようになるのです。

北欧のクリスマスシーズンに人気のグルメは、以下の記事でまとめてあります。興味がある人は、是非読んでみてください。

ルッセカット
【ルッセカット】スウェーデンのサフラン入りパンスウェーデンでは、くるりとS字型に丸まった、黄色い見た目も目を引くルッセカットと呼ばれるパンがあります。ルッセカットの黄色は、スパイスの中で最高級品と言われるサフランの色素によるもので、サフラン特有のエキゾチックな香りも魅力の1つです。今回はスウェーデンで愛されるサフラン入りパン、ルッセカットについて詳しく解説していきます。...
ジンジャークッキー
【ジンジャークッキー】スパイス香る、北欧のクリスマスのお菓子北欧のスウェーデンで古くから食べられている伝統的なお菓子として、ジンジャークッキーがあります。スウェーデンのクリスマスではジンジャークッキーは定番の料理となっており、家庭ごとに独自のレシピがあるほど一般的なお菓子となっています。今回はスウェーデンの伝統のお菓子、ジンジャークッキーの魅力について解説していきます。...

かつて薬として飲まれていたグロッグ

北欧でグロッグが飲む習慣が始まった時期は諸説あるのですが、有力なのが19世紀のスウェーデンが起源という説です。

昔のワイン商人が残したグロッグのレシピから判明したと言われています。

ただ、現在のようにクリスマスの嗜好用のアルコール飲料として飲まれるようになったのは最近です。

古来から北欧ではスパイスを生薬として利用してきた歴史があり、グロッグも当初は嗜好品ではなく冷えた体を暖める薬として作られていたのです。

そういえば日本でも同じように、冬の季節には甘酒を飲む習慣がありますよね。

今のように暖房がない当時は、日本でも北欧でも、体を暖めてくれるお酒はまさに薬のように重宝されてきたのでしょう。

グロッグの基本的なレシピ

グロッグのレシピとして、赤ワインとスパイス、そして甘味をつけるためにきび砂糖を鍋に入れて加熱します。

スパイスとしては、シナモンスティックにジンジャー、スターアニスにクローブを使うことが多いようです。

また、温める際は、ワインのアルコールが飛んでしまうのを防ぐために沸騰しない程度の温度に調節します。

十分に温まったらグラスなど他の容器に移し替えます。

鍋から移す際に、ザルで越してスパイスの破片を取り除くことも忘れずに。

グロッグは国ごとに様々なアレンジがあり、例えばスウェーデンでは皮なしのアーモンドとレーズンがホットワインに添えられます。

アーモンドとレーズンはホットワインとは別に小皿で出され、それぞれ好きな量をとってワインの中に入れるようになっています。

そしてホットワインに入れた後は、ワインが染み込んで美味しくなったところで、スプーンですくって食べるのです。

より美味しく飲むためのポイント

グロッグのレシピの最初の工程で、赤ワインとスパイスを入れてすぐに加熱をするのではなく一晩そのまま置くのが調理のコツです。

そうすることでスパイスの香りや成分を、余すことなくワインに移すことができます。

また、ホットワインを注ぐグラスは、透明な耐熱ガラス製のものを使用しましょう。

マグカップでも良いですが、透明なガラスのグラスを使うことで、重厚なワインレッドの色合いを視覚的にも楽しむことができますよ。

ホットワインは一度に作り置きしておくと便利です。

当日飲む分以外は空のボトルに入れて保存しておくことで、再び鍋で加熱するだけですぐにまた飲むことができます。

まとめ

北欧のクリスマスシーズンに飲まれる、スパイスが入ったおしゃれなホットワインであるグロッグ。

グロッグは温めた赤ワインにスパイス、きび砂糖、様々なトッピングを添えて作られるのが特徴です。

今度のディナーにはワインを鍋で温めて、北欧式ホットワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。