【ヘルシンキ大聖堂】フィンランド福音ルター派の総本山

建築

こんにちは。 Huivi -フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

ヘルシンキ大聖堂は、フィンランドの首都ヘルシンキの街中に優雅に居を構える19世期に作られた教会です。

品格ある白色の外壁にフランス発祥のネオ・クラシック様式の造形美が施された外観は、美しい街並みのヘルシンキでも一際目立っています。

今回は19世期にフィンランドで建築され、現在でも大勢の人が観光や礼拝で訪れる教会、ヘルシンキ大聖堂について紹介します。

純白の外装が目を引くヘルシンキ大聖堂

ヘルシンキ大聖堂は、北欧フィンランドの首都ヘルシンキの中心部に位置する教会です。

ヘルシンキ大聖堂は、観光や宗教儀式などの目的で毎日多くの人が訪れるフィンランド有数の名所となっています。

歴史あるヘルシンキの街並みに溶け込んだ、その厳かな佇まいは多くの人を魅了して止みません

ヘルシンキ大聖堂は19世期の建築の際、ネオ・クラシック様式と言われる建築様式が採用されました。

ネオ・クラシック様式は新古典主義建築とも呼ばれ、豪華さのみを追求した過剰で格式ばった従来の装飾美へと反発としてフランスで生まれました。

表面部分をただ着飾るのではなく、過去の古典建築に則り、直線とシンメトリーを多用した厳粛でシンプルな装飾性が特徴となっています。

ヘルシンキ大聖堂の造形も、眩しいほどの白色を基調とした外壁に、上を見上げると5つのドーム屋根の青銅がそびえ立っています。

壁面には6本のコリント式の石柱が並んで建築され、その上には三角形の屋根がデザインされています。

大聖堂の四辺とも同様の装飾となっており、四方をどの方角から見ても同じ外観に見えるよう設計されているのも特色となっています。

ヘルシンキ大聖堂の歴史

ヘルシンキ大聖堂は、フィンランドがロシア帝国の統治下であった19世紀前半の1816年〜1852年の期間に、ドイツ出身の2名の建築家によって建造されました。

まず、大聖堂の建築に着手した1816年から1824年までは、ドイツの建築家カール・ルードヴィッヒ・エンゲルによって、先述したネオ・クラシック様式で設計されました。

1824年の彼の死後は、後継者であるエルンスト・ベルンハルト・ロールマンに建築が引き継がれ、工事を開始して38年後の1852年についに完成を迎えました。

1852年の完成時には、当時フィンランドを統治していたロシア皇帝ニコライ1世の名前を冠して、「聖(セント)ニコラス教会」と名付けられました。

フィンランドがロシアから独立した1917年に改名し、さらに1959年のヘルシンキ主教区の設立を契機に、現在のヘルシンキ大聖堂の名称が与えられたのです。

国内最大派閥の福音ルター派の総本山

ヘルシンキ大聖堂は、オールド協会に次いでフィンランドで2番目に古い教会とされています。

そのため、ヘルシンキ大聖堂は観光名所としての一面も持つと同時に、普段は礼拝や結婚式といった教会として使用されています。

また、ヘルシンキ大聖堂はフィンランド国民のおよそ7割が所属しているという、フィンランド福音ルター派教会の総本山でもあります。

フィンランドはキリスト教圏に属し、フィンランド福音ルター派教会フィンランド正教会の2つが国教として定められています。

ヘルシンキ大聖堂はその美しい造形美だけでなく、キリスト教信者にとっても信仰という重要な意味を持つ場所なのです。

内部は厳かな礼拝堂となっています

ヘルシンキ大聖堂は、内部の礼拝堂も無料で見学することができます。

内装は外装同様に白色で統一されたシンプルな造形となっています。

海外の教会に見られるような優美な装飾は控えめで、派手さを取り払った落ち着きある空間が広がっているそうです。

また、1963年に5614本という膨大な数のパイプを使用して製造されたというパイプオルガンも特徴的なインテリアの1つです。

礼拝堂はオルガンの重厚で穏やかな音色が鳴り響く、心地よい雰囲気に満ちているのだとか。

正面の祭壇には、かつてのロシア帝国のニコライ1世から寄与されたという、キリストを抱く聖母マリアの肖像画も飾られています。

ヘルシンキ大聖堂の礼拝堂では、平日12時〜13時、土曜日の18時から礼拝が執り行われています。

また、毎週日曜日の午前中にはミサも開かれています。

教会内で宗教行事が行われている最中は、観光客は中に立ち入ることができないので注意しましょう。

ヘルシンキ大聖堂の外も見所が満載

ヘルシンキ大聖堂は目を奪われるほど荘厳な佇まいに注目が集まりますが、実は大聖堂周辺にも勝るとも劣らない見所が多数ありますよ。

例えば、ヘルシンキ大聖堂前には約40万個の御影石が敷き詰められた、石畳のセナーティ広場、あるいは元老院広場と呼ばれる広場があります。

元々1812年のヘルシンキ遷都の際の都市開発計画の1つとして、軍備パレードの会場として整備されたエリアでした。

また、かつてロシアの支配下に置かれていた歴史から、元老院広場の中央部にはロシア皇帝アレクサンドル2世の銅像も設置されています。

現在では元老院広場はフィンランド最大規模の市民広場として、マーケットやクリスマスのお祭りまで、年間を通して様々なイベントが開催されている場所となっています。

他にも、ヘルシンキ大聖堂の階段上からは、バルト海の乙女とも言われるほど美しいヘルシンキの石造りの街並みを見渡すことができますよ。

大聖堂周辺もヘルシンキ大学や図書館、フィンランド国立博物館といった有名建築物が軒を連ねています。

カフェやショップといった、ショッピングや一休みの場所としても最適なスポットも多く、フィンランド観光で丸一日滞在しても飽きる事がない充実度ですね。

まとめ

Photo by Hert Niks on Unsplash

ヘルシンキ大聖堂は、フィンランド関連のグッズにもその外観がデザインされるほど、国内屈指の名所となっています。

息を飲むほどの純白の外観から、市民で賑わう元老院広場、そしてバルト海の乙女と評されるヘルシンキの街並みも合わせて、是非カメラに納めたいスポットの1つと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました