【クロンボー城】ハムレットの舞台となったデンマークの城

建築

こんにちは。Huivi -フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

デンマークのバルト海の海岸線沿いに建築され、城壁や大砲が当時のまま残るクロンボー城。

かつては海峡を通行する船から税を徴収する要所として建てられ、現在でも世界遺産としてデンマーク有数の名所として人々を魅了し続けています。

また、劇作家シェイクスピアの代表的傑作ハムレットの舞台となった城でもあるのです。

今回は600年以上もの歴史を紡いできた、デンマークのクロンボー城について紹介します。

デンマークの海岸沿いにある世界遺産、クロンボー城とは?

北欧デンマークのシェラン島北東部の美しい港町、ヘルシンオアにある城であり、クロンボー城と呼ばれています。

「クロンボー城(Kronbor castle)」の「ボー(bor)」はデンマーク語で城を意味しており、現地デンマークではそのままクロンボーと呼ばれています。

クロンボー城は1420年代に前身となる砦がヘルシンオアに建築され、600年以上にわたりバルト海に面したこの場所に構えてきました。

クロンボー城とスウェーデンの対岸の街ヘルシンボリの間に挟まる形で、幅約7kmのエーレスンド海峡があり、両国はフェリーを利用すれば20分ほどで往来することができます。

城が建築された当時15世紀デンマークにとってもヘルシンオアは海運交通の要所であり、クロンボー城は船からの通行税を得るために建てられたと言われています。

バルト海に臨む要塞として当時の堅牢な城壁や、海に砲口を定めた大砲が今なお残る、デンマークの歴史を伝える名城とされています。

デンマークの歴史の語り部たる重要な古城として、2000年にはユネスコの世界遺産にも登録されました。

海峡通行税の徴収のための拠点だった

先述の通りデンマークのクロンボー城は元々、エーレスンド海峡を通行する商船などから通行税を徴収する目的で15世紀に設置されました。

15世紀当時、デンマークは外国への出兵の失敗などで財政や政情が不安定となっていました。

そして落ち込んだ経済を立て直すための政策として、海運交通の要所であるバルト海の海岸線を拠点にエーレスンド海峡通行税を徴収したのです。

通行税を払わなかった人は、クロンボー城に設置された砲台から情け容赦無く砲撃が浴びせられたという、恐ろしい逸話もあるのだとか。

ただ、海運交通の要所であったエーレスンド海峡に海峡通行税を設ける政策が功を奏して、疲弊していたデンマーク経済に大きな収入をもたらしたとされています。

シェイクスピアの傑作「ハムレット」の舞台

Photo by Max Muselmann on Unsplash

クロンボー城は、16世期を代表するイギリス劇作家であるウィリアム・シェイクスピアが残した戯曲ハムレットの舞台となった城としても知られています。

シェイクスピアが記した4大悲劇「オセロー」「マクベス」「リア王」、そして「ハムレット」を鑑賞した、あるいは名前を知っているという人はかなり多いはずです。

「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」という、ハムレットの作中に登場するこの名台詞はあまりにも有名です。

4代悲劇の中でも特に傑作と称されるハムレットに登場した、「エルシアノ城」のモデルとなったのがこのクロンボー城なのです。

ちなみにシェイクスピア自身はデンマークに訪れたことはなかったそうです。

しかしクロンボー城内外には、シェイクスピアやハムレットに関連する品々を見ることができます。

現在でも城内の大ホールの一角には、舞台ハムレットの演劇で使われた衣装が展示されています。

北東側の壁にはシェイクスピアの胸像レリーフも施されています。

ハムレットに魅せられた原作ファンの人なら、一度は訪れてみたい場所ですね。

クロンボー城が辿ってきた歴史

Photo by Sandra Grünewald on Unsplash

クロンボー城は1420年代、当時のデンマーク王7世がその前身となる砦を現在の場所に建てたのが始まりとされています。

1574年〜1585年には、フレデリクス2世の命令の元、要塞強化の目的で大規模な改築が行われました。

ちなみにフレデリクス2世という人物は、同じくデンマークを代表する城であるフレデリクスボー城を築いた王としても知られています。

フレデリクス2世が着手した改修工事は1585年に終わりを迎え、15世紀にエーリク7世が建造した砦はこの時からクロンボー城という名前になったと言われています。

そして城が現在の姿となったのは、さらに年月が過ぎた1924年とされています。

静かに海に臨む、風格ある堂々とした佇まいが魅力のクロンボー城ですが、過去には何度か不遇な出来事にも遭遇してきました。

1629年には城で火災が起き、大きな損害を被りました。

しかし火災後には、デンマーク王クリスチャン4世の手によって、初期バロック様式を取り入れる形で見事に復活を果たします。

ただ不幸はこれだけに留まらず、1658年にはスウェーデンの侵攻によって落城。1772年にはクーデターが起き、当時のデンマーク王クリスチャン7世の妃であったカロリーナ・マティルデが城内に幽閉されたこともありました。

今の美しい姿からは想像できない苦難の歴史の舞台ともなってきたクロンボー城。

誉れ高い佇まい・経歴と同時に悲劇も背負ったその姿は、復讐の物語であるハムレットにもどこか通じる部分があるのではないでしょうか。

観光名所としてのクロンボー城

クロンボー城は、デンマークの首都コペンハーゲンから電車で約1時間の距離にあり、観光名所としても人気となっています。

城内では18世紀〜19世紀の調度品や芸術品が展示されています。

また、ハムレットの関連文献やコレクションも見ることができ、演劇ファンにとっても見応えなる内容となっているそうです。

Photo by Nick Karvounis on Unsplash

また、ハムレットの舞台となった城ならではの演出なのか、クロンボー城の中では専門のスタッフによる、ハムレットの1シーンを再現した寸劇を所々で見ることができるそうですよ。

クロンボー城は礼拝堂もおすすめのスポットと言われています。

礼拝堂には祭壇や説教台、パイプオルガンといった設備があり、金色が随所にあしらわれた煌びやかな内観となっています。

礼拝堂の装飾はフレデリクス2世の代に装飾されたもので、1629年に見舞われた火災でも城の大半が焼け落ちた中でもこの礼拝堂はほとんど無事だったとされています。

そのため現在でも、建築当時の装飾や雰囲気を感じることができるそうですよ。

クロンボー城の中庭では、毎年夏の時期になると「HAMLET SUMMER」というシェイクスピアの野外劇が上演されています。

1760年代に実際に使用されていた12ポンド砲も保管されており、現デンマーク女王マルグレーテ2世の誕生日である4月16日には、デンマーク軍によって大砲で礼砲が放たれます。

まとめ

Photo by K. Mitch Hodge on Unsplash

デンマークの港町ヘルシンオアの海岸沿いに佇む古城である、クロンボー城。

隣国スウェーデンとの間に流れるエーレスンド海峡を通行する船から通行税を徴収する拠点として、あるいはシェイクスピアの戯曲ハムレットの舞台となった城として、古今問わずデンマークで重要な役割を果たしている城なのです。

タイトルとURLをコピーしました