【フレデリクスボー城】デンマークの湖畔に佇む美しき名城

建築

こんにちは。Huivi -フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

北欧デンマークではスカンディナヴィア、つまり北欧で最大のルネサンス様式が採用された美しいフレデリクスボー城があります。

パラス湖の3つの島の上に建築されたフレデリクスボー城は荘厳な外観も相まって、まるで湖面に建てられているかのような神秘的な雰囲気をまとっています。

こちらの城はデンマーク王2代にわたり改築を行ったり、不幸にも火災に見舞われたがその後見事に復旧を果たすといった興味深い歴史を持つ城でもあるのです。

今回はそんな北欧デンマークの名城、フレデリクスボー城について紹介します。

フレデリクスボー城とは?

フレデリクスボー城はデンマークにある、北欧で最も大きいルネサンス様式の古城です。

デンマークの首都コペンハーゲンから約30km北部に位置する、北シェラン島のヒレレズという場所にあります。

フレデリクスボー城は、美しいパラス湖に浮かぶ3つの小島に建てられた幻想的な雰囲気を醸し出す城として、デンマークの名所となっています。

フランスのヴェルサイユ宮殿と同じルネサンス様式が採用されており、赤煉瓦造りの華やかなで重厚な外観となっています。

城壁や内部は細部に至るまで優美な装飾が施されており、その息を飲むような美しさからデンマーク内でも屈指の名城と言われています。

フレデリクスボー城は、1560年に当時のデンマーク王フレデリクス2世によって計画・基礎の建築が行われました。

そして息子であるクリスチャン4世によって、1620年に現在のフレデリクスボー城が完成したとされています。

フレデリクスボー城完成までの経緯

フレデリクスボー城は城名の由来ともなっている、デンマーク王フレデリクス2世によって1560年に建築されました。

城の計画はフレデリクス2世ですが、現在デンマークにあるフレデリクスボー城の大半の部分を築いたのが、フレデリクス2世から王位を継承された次代のデンマーク王であり、彼の息子でもあったクリスチャン4世です。

クリスチャン4世自身も1577年にフレデリクスボー城で生まれたと言われており、個人的にも思い入れのあった城だったのかもしれません。

クリスチャン4世は17世紀初頭に、オランダ人建築家のロレンツ・ファン・シュテーヴィンゲルとハンス・ファン・シュテーヴィンゲルと共に建築を行いました。

そして1602年〜1620年という18年の歳月をかけて、フレデリクスボー城を完成させたのです。

フレデリクスボー城はクリスチャン4世の死後のデンマーク王の居城として使用され、1671年〜1840年の期間には戴冠式の場として用いられるなど重要な役割を果たした城とされています。

ちなみに、建築の際に施されたオランダ様式に魅せられたクリスチャン4世は、デンマークのコペンハーゲンの方にも夏の離宮としての宮殿を、その2名の建築家に再び命じて作らせました。

その宮殿というのが、1606年に完成し現在でもデンマークを代表する城として有名なローゼンボー城です。

現在は国立歴史博物館として一般公開されている

フレデリクスボー城は、1877年から現在に至るまで国立歴史博物館として、デンマーク王家が所有していた過去何世紀にもわたる調度品や美術品が保管・展示されています。

元々デンマーク王の居城であった城が博物館に変わったきっかけとなったのが、1859年に見舞われた火災です。

この火災によって城の内装ほとんどが焼失してしまい、国王や州を挙げて献金を集め復興に取り組みました。また、

現在デンマークに拠点を置く世界的なビール会社「カールスビール」の創業者J・C・ヤコブセンも、火災からの復興のために多額の資金を出して、復旧の大きな助けとなったそうです。

こうして各地からの献金のおかげで、不幸な火災から18年後の1877年に焼失の痛手から立ち直り、新たに国立歴史博物館として再出発したのです。

博物館は、絵画や陶器、宝具といったデンマークの歴史的なコレクションが数多く展示されています。

肖像画も、デンマーク最大規模のボリュームが展示されているのだそうです。

また、フレデリクスボー城2階には、クリスチャン5世の代に宮廷建築家によって作られた教会があります。

元々は王族専用の場所でしたが、現在では毎年音楽コンサートが開かれています。

1859年の火災時でも教会はほどんど被害はなく、建築当時のインテリアがそのまま残っているのも特徴です。

毎週木曜日には13時30分から14時まで、最も古いもので1610年製造の3つのオルガンによる演奏も開催されています。

湖や庭園など城外にも名所が目白押し

デンマークの歴史を物語る美術品が集う城内はもちろん、庭園や湖など、綺麗に整備された城の周りの風景も見どころです。

正門の城門をくぐった先には中庭があり、その中心部には噴水とネプチューンの銅像が建てられ来訪者を出迎えてくれます。

中庭のネプチューン像は北方戦争の最中である1659年に、スウェーデンのストックホルム に移動し、現在でもストックホルム郊外のローベン島にある世界遺産ドロットニングホルム宮殿の中庭にあります

そのため、フレデリクスボー城中庭にある銅像はレプリカなのだそうです。

また、フレデリクスボー城の庭園では、フランスの庭園を元にした独特の造形美を鑑賞することができます。

バロック様式が採用された庭園は1700年代に設計され、1993年〜1996年と近年になって再建されました。

王冠の紋様を思わせるデザインに植木を模った、つい目を奪われてしまうほどの美しさがある庭園と、観光客からも好評なのだそうです。

まとめ

デンマークで16世紀から続く歴史を誇る、北欧最大のルネサンス様式の城であるフレデリクスボー城。

城名の由来ともなったフレデリクス2世とその息子クリスチャン4世、親子2代にわたり建築された城は、現在でも穏やかに湖の上に佇みデンマークの街を見守っています。

火災に見舞われ一度は焼失したものの、見事に博文館として復興を果たしたフレデリクスボー城は、デンマーク観光の際には欠かさず見ておきたいスポットですね。

タイトルとURLをコピーしました