【チボリ公園】デンマークで1843年創業の遊園地

建築
Pocket

こんにちは。Huivi -フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

北欧デンマークのコペンハーゲンには、世界で最も古い遊園地の1つとして現在もオープンしている、「チボリ公園」という名前の遊園地があります。

デンマークの作家アンデルセンなど、誰もが知る有名人も過去にわたって多数訪れては楽しんだ、デンマークでも老舗中の老舗遊園地とされています。

今回は1843年創業以降、多くの人を楽しませてきたデンマークの遊園地であるチボリ公園を取り上げていきたいと思います。

コペンハーゲンにある最古の遊園地の1つ、チボリ公園

北欧デンマークの首都コペンハーゲンにオープンしている、元祖テーマパークである「チボリ公園」。

チボリ公園は世界最古の歴史を持つ遊園地の1つに数えられ、その創業は今から170年以上前の1843年となっています。

チボリ公園は最寄り駅であるコペンハーゲン中央駅から徒歩1分と好立地。

チボリ“公園”という名称ですが、実際は多数のアトラクションや飲食店が軒を連ねる遊園地のようなスポットです。

「人魚姫」「みにくいアヒルの子」など多数の作品を書いた童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの故郷デンマークらしい、おとぎの国の世界のような美しい光景が広がる園内となっています。

チボリ公園では昼間は子供達がアトラクションを楽しみ、夕方から夜の時間帯にかけては園内は煌びやかにライトアップされ、イルミネーションや散歩など大人も楽しめる空間に変化します。

デンマークは日本同様に四季があるので、チボリ公園でも秋のハロウィンや冬のクリスマスといった季節ごとに様々なイベントが開催されています。

チボリ公園の歴史

チボリ公園の創業者は、19世期当時のデンマーク国王クリスチャン8世の臣下である、ゲオ・カーステンセンという人物です。

彼は「階級の差別がなく、誰でも楽しめる場所」というコンセプトの元、市民の娯楽施設として1843年にコペンハーゲンの街にチボリ公園を作りました。

階級に関係なく誰でも遊べる遊園地というのは現代から見れば当たり前のことですが、今よりも身分制度が厳しかった19世紀当時では、前例の無い先駆的なアイデアとされていました。

チボリ公園は現存する遊園地の中では3番目に古い遊園地とされています。

最も古い遊園地とされているのが、同じくデンマークのシェラン島北部にあり1583年創業の「デュアハウスバッケン」。次いで、オーストリアのウィーンにある1766年創業のプラーター公園があります。

19世紀前半から続く遊園地であり、過去には多くの有名人も訪れています。

例えばデンマークを代表する童話作家のアンデルセンもその1人。彼は何度も公園に足を運んでは、作品の構想を練っていたと言われています。

また、誰もが知るテーマパークであるディズニーランドの創業者ウォルト・ディズニーも、チボリ公園を訪れてインスピレーションを受けたのだそうです。

そのため、チボリ公園はディズニーランドのモデルとなった遊園地と言われています。

チボリ公園の開園時間や入場料

チボリ公園は開園期間と休園期間があり、日本とは異なり一年中オープンしているわけではないので観光の際は注意が必要です。

開園期間は大きく分けると、4月の第1週〜9月下旬の夏季、10月中旬〜11月初旬までのハロウィン期間、そして11月中旬〜12月31日までのクリスマス期間に営業しています。

1月〜3月など上記以外の期間は閉園となっています。

営業時間も、遊園地としては珍しく深夜まで開園しています。

日曜日から木曜時は11時〜23時まで、週末の金・土曜日は深夜24時まで遊ぶことができます。

夜の時間はライトアップされた神秘的なガーデンを眺めながら、散歩を楽しむカップルも多いのだそうです。

入園料はシーズンによって若干の変動はありますが、日本円でおよそ1700円〜2000円程で入場チケットは販売されています。

1回分の入場チケットの他に、ディズニーランドのシーズンパスと同様、年間を通して入場できるチケットも販売されています。こちらも大体6000円程で購入できるらしいです。

また、コペンハーゲン内の観光スポットと公共交通機関が一定期間利用し放題となる、観光フリーパス「コペンハーゲンカード」でも入場ができます。

コペンハーゲンカードを使用すれば、他の施設同様入場料が無料となるので、旅行の際には是非活用してみましょう。

ただチボリ公園は、入場料と個々のアトラクション代が別となっています。

そのためアトラクションを乗る際は別途追加料金を払ってチケットを購入しなければいけません。

1回ずつアトラクション代を払うか、あるいは乗り放題チケットを購入する方法があります。

「利用の度に購入するのは手間がかかる」という人などは、後者の乗り放題チケットをおすすめします。

園内のアトラクション案内

約85000㎡という敷地内には観覧車やメリーゴーランド、ローラーコースターなど日本でもお馴染みのアトラクションが並んでいます。

メリーゴーランドといった子供向けの定番アトラクションの他に、フリーフォールや空中ブランコなど絶叫系アトラクションも用意されており、大人でも十分に楽しむことができますよ。

アトラクション施設以外にも、園内は音楽コンサートとしても使われています。毎週金曜日になるとチボリ公園は、アーティスト達が演奏を行う会場に様変わり。

公園中心部にあるステージでは、アーティストと若者が集まりライブで盛り上がったり、野外劇場のピーコック劇場ではパントマイムなど伝統的なショーが開催されています。

チボリ公園には国内外から有名アーティストが訪れ、例えばレディーガガも園内でコンサートをしたことがあるのだそうです。

また休憩にも最適な50店舗を超える飲食店、お土産店も多数オープンしています。レストランではデンマーク料理をはじめ、和洋中と世界中の名物料理を味わうことができます。

特に有名なレストランとして、1874年の創業以来チボリ公園で営業を続けている園内で最古のお店「グロフテン」があります。

ここではスモーブローなど、デンマーク伝統料理を食べることができるので、海外からの旅行客からの人気も高いレストランと好評なのだとか。

まとめ

1843年創業以来、国内外問わず大勢の人々を魅了してきた北欧デンマーク随一の老舗遊園地、チボリ公園。

ゆったりとしたメリーゴーランドからスリルを味わえる絶叫系アトラクション、音楽コンサートに夜のイルミネーションまで、1日では巡りきれないほどの見所が詰まっています。

タイトルとURLをコピーしました