【ヒンメリ】暗い冬を明るく照らすフィンランドの伝統装飾

工芸
Pocket

こんにちは。Huivi -フイヴィ- の管理人、伊東琢哉です。

冬になると日照時間も短くなり、太陽を拝めない暗い時間が長くなります。そして高緯度に位置するフィンランドは、日本以上に冬の日照時間が短く、1日に日が昇る時間もごくわずかという地域もあるほど。

そのようなフィンランドで、古くから「光のモビール」とも呼ばれ、部屋のインテリアとして愛されてきたのが、伝統装飾の「ヒンメリ」です。

今回は独特の幾何学模様がおしゃれなアイテム、ヒンメリについて紹介していきたいと思います。

フィンランドの伝統装飾、ヒンメリ

ヒンメリ(Himmeli)とは乾燥した麦藁、あるいはストローに糸を通して立体的な幾何学模様を作り天井から吊す、フィンランドの伝統的な装飾品です。

ヒンメリの語源はスウェーデン語で「天」を意味する「Himmel」から来ていると言われています。

麦藁が織りなす温かみある質感に、独特な幾何学模様が展開するシャープなデザインから、北欧のみならず日本でも人気のインテリアとなっています。

ヒンメリには、主にライ麦の麦藁が使用されています。ライ麦は寒冷な気候でも育つ作物として、北欧やドイツといった北ヨーロッパの国々で古くから栽培されてきました。

そして収穫後に余った麦藁を再利用して作ったのが、このヒンメリなのです。

ちなみにヒンメリは、別名「光のモビール」とも言われています。モビールとは、軽い素材でできた物体を天井から吊るし、空中に浮かぶ立体的なデザインで空間を飾るインテリアの一種です。

なぜ「光のモビール」なのか、その理由は後述するヒンメリの歴史が関係しています。

かつてフィンランドでは現在のクリスマスにあたる、太陽と豊穣への祈願を願う冬至祭があり、その際に神具として使用されたのが、太陽のシンボルとして見なされていた麦で作られたヒンメリなのです。

ヒンメリの歴史は12世紀まで遡る

フィンランドでヒンメリが使われ始めたとされているのが、今から800年以上前の1150年頃だとされています。

キリスト教が伝来する以前の古代の北欧では、太陽神の誕生祭と農耕神の収穫祭を毎年12月下旬の時期に、「ヨウル(Joulu)」と呼ばれる祭事として行ってきました。

高緯度のフィンランドは冬の時期になると日照時間はごくわずかとなり、1日の大半が暗闇に包まれます。

そのため古代の人々は冬至の季節には新年の太陽の復活、家族の平和や五穀豊穣を願う神聖な催事として、冬至祭を執り行う風習があったのです。

その名残として、現在の北欧諸国でも、クリスマスは「jul(ユール)」と呼ばれています。

古代から麦は収穫や太陽の象徴として考えられていました。そして、冬至祭において太陽への信仰と豊作祈願の神具として用いられたのが、ヒンメリとされています。

まとめ

かつて信仰と祈願のための神具として使用されていたヒンメリ。現在ではクリスマスの装飾品、あるいは暗い冬において部屋を明るくしてくれるインテリアとして親しまれています。

ヒンメリはストローと糸など、道具さえあれば自宅でも簡単に作ることができます。時間があれば、是非作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました