【アマリエンボー宮殿】デンマーク女王が暮らす荘厳な宮殿

建築
Pocket

こんにちは。Huivi -フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

北欧デンマークのコペンハーゲンには、現在もデンマーク女王が居住している王宮であるアマリエンボー宮殿という建物があります。

独特の八角形の広場の中には4つの宮殿が建設され、敷地内には騎馬像や博物館、毎日正午には王室を守る衛兵隊による交代式が開催されています。

今回はデンマークの歴史を直に感じることができる名所、アマリエンボー宮殿について紹介します。

女王が居城する王宮、アマリエンボー宮殿とは?

アマリエンボー宮殿は、北欧デンマークの首都コペンハーゲン北部に位置する、別名冬の王宮とも呼ばれる建物です。

八角形の広場には4つの宮殿が立ち並び、敷地内にある全ての建物を総称してアマリエンボー宮殿と呼ばれています。

広場中央には荘厳な騎馬像が宮殿を見守るように鎮座しています。

モデルとなったのはアマリエンボー宮殿を作ったとされるフレデリク5世です。騎馬像は1771年にフランス人彫刻家によって作成されました。

アマリエンボー宮殿は1794年以降、デンマーク王室の居住地として利用されています。現在でも、現デンマーク女王マルクデール2世が暮らしてします。

デンマーク女王が滞在しているかは、屋根の上に掲げられた王室の旗の有無で、一般市民でもわかるようになっています。

アマリエンボー宮殿の広場には入場料はかからず、誰でも立ち入ることができるようになっています。

さらに広場にある4つの宮殿のうち一部は博物館として公開されていることからも、デンマーク王室と国民の距離感はかなり近いことが分かりますね。

広場を囲う4つの宮殿が特徴

アマリエンボー宮殿の特徴として、八角形の広場を東西南北から囲うように立ち並ぶ、同じ外観の4つの宮殿があげられます。

宮殿の建築はロココ様式と呼ばれる、曲線を多用した優美なインテリア装飾と柔和な色彩が特徴の建築様式が取り入れられています。

ロココは貝殻や小石を意味するロカイユに由来しており、フランス王侯貴族の宮廷発祥の様式とされています。

4つの宮殿はそれぞれクレスチャン7世宮殿、クレスチャン8世宮殿、クレスチャン9世宮殿、フレデリック8世宮殿と呼ばれています。

一般公開されているのは宮殿博物館として使用されているクリスチャン8世宮殿、要人謁見のためのクリスチャン7世宮殿です。

クリスチャン9世宮殿は、女王と王族の住居となっているため立ち入りはできません。

王族の居城となった経緯

実はアマリエンボー宮殿は1750年に建設が始まった当初は、貴族のための宮廷になる予定でした。

しかし、1794年に当時の王室の居城であったクリスチャンスボー宮殿が、火災に見舞われるという事件が起こります。

火災のせいで宮殿が失われてしまったため、急遽王室一族は代わりの住まいとして、現在のアマリエンボー宮殿を購入したという背景があるのです。

クリスチャンボー城についてもっと知りたいという人は、以下の記事もチェックしてみてください。

毎日正午に行われる衛兵交代式が有名

アマリエンボー宮殿の見所としてその優雅な佇まいの他に、毎日正午12時に開催される衛兵交代式があります。

衛兵交代式ではアマリエンボー宮殿と、同じくコペンハーゲン市街にあるローゼンボー城の2カ所の衛兵が入れ替わりを行います。

衛兵交代式はデンマーク女王の滞在時のみ行われるようです。

交代式は衛兵隊が演奏する音楽が織りなすファンファーレが鳴り響く、式典のような盛り上がりを見せるそうですよ。

また、一年で最も盛大に衛兵交代式が催されるのが、4月17日に行われる誕生日セレモニーと言われています。

王族ゆかりの品が展示された王宮博物館

1994年には4つの宮殿の1つであるクリスチャン8世宮殿が、王室に関連する様々なコレクションを展示する博物館として一般公開されました。

こちらの王宮博物館の展示室では、1863年〜1947年のおよそ80年の間にデンマーク王室が使用したとされる家財道具、工芸品、歴代王室の資料などを見物することができます。

文化的、歴史的な価値が極めて高い品々、また歴代王室の歴史や当時の暮らしぶりを知ることができるとあって、デンマークをより深く学びたい人ならば必見の博物館と言えるでしょう。

まとめ

アマリエンボー宮殿は、コペンハーゲン中央駅からも直通電車で行けるとあって、デンマーク観光でも人気の名所とされています。

エレガントなロココ様式が施された美しい宮殿、一糸乱れぬ姿を見ることができる衛兵交代式、そしてデンマーク王室ゆかりのコレクションを観覧できる博物館まで、デンマークの伝統が詰まった宮殿なのです。

タイトルとURLをコピーしました