【クラッドカーカ】しっとりとしたスウェーデン風チョコレートケーキ

食事

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

北欧スウェーデンでは、「クラッドカーカ」と呼ばれるチョコレートケーキがあります。

クラッドカーカはスウェーデン語で「べたっとしたケーキ」という意味で、名前の通りしっとりとした口当たりのスポンジ生地が魅力のスイーツです。

今回はスウェーデン風チョコレートケーキ、クラッドカーカについて解説していきます。

スウェーデンの焼き菓子、クラッドカーカとは?

クラッドカーカ

「クラッドカーカ(Kladdkaka)」とは、北欧スウェーデンで一般的に食べられているチョコレートです。

クラッドカーカの代表的な特徴といえば、フランスの焼き菓子フォンダンショコラのような、内側のとろとろとしたケーキ生地です。

香ばしくカリカリに焼かれた表面とは対照的に、中の生地は完全には火が通っておらず、しっとりと優しい口当たりとなっています。

なぜそのような生地になるのかというと、クラッドカーカは他のケーキでは当たり前のように使用される、ベーキングパウダーなどのふくらし粉を一切使っていないからです。

シンプルに材料を混ぜて焼いただけのケーキなので、ショートケーキのようなふんわりと膨らんだスポンジ生地にはならず、ペタッとした独特のスポンジ生地となっています。

実はクラッドカーカの「クラッド」という言葉も、スウェーデン語で「ベタベタとした」という意味なんですよ。ちなみに「カーカ」は「ケーキ」という意味です。

クラッドカーカの始まりは失敗作のケーキ

クラッドカーカがスウェーデンで食べられるようになった背景については、いくつか説があるようです。

例えば有力な説として、スウェーデンの家庭で出来た失敗作のケーキが、クラッドカーカの発祥だというものがあります。

第二次世界大戦間近の1938年、スウェーデンのとある家庭のキッチンでブラウニーを焼こうとしていた人がいました。

ケーキ作りにはふくらし粉としてベーキングパウダーが不可欠なのですが、当時の政情からベーキングパウダーは流通量が減少していたため、レシピで使用することができませんでした。

仕方がないのでそのまま材料を混ぜて焼いたそうですが、ベーキングパウダーを入れていないので、当然生地は膨らまずにペタッとしたチョコレートケーキが完成してしまいます。

しかし、一見すると失敗作のケーキだったブラウニーもどきのケーキは意外に美味しく、徐々に他の家庭でも作られるようになったと言います。

また、他のスポンジケーキよりもレシピがシンプルなので、お菓子作り初心者や子供でも簡単に作ることができたのも理由かもしれませんね。

そうしてベーキングパウダーを使わない、しっとりトロトロな食感のチョコケーキが、現在のクラッドカーカとなっていったのです。

クラッドカーカのレシピ

クラッドカーカのレシピは、ベーキングパウダーなどの膨張剤を使用しないこと以外は、通常のチョコレートケーキとほとんど変わりません。

使用する材料は、卵にグラニュー糖、小麦粉にバター、そしてココアパウダーです。

スウェーデンをはじめとする北欧諸国では、チョコレート菓子を作る際にはレシプにチョコレート本体は使用せずに、代わりに無糖のココアパウダーを使ってチョコレートの色合いや風味をつけるのが一般的となっています。

最初にバターを鍋に入れて、温めて溶かしておきます。

ボウルに卵と砂糖を入れて混ぜながら、玉にならないよう少しずつ小麦粉とココアパウダーを加えていきます。

そして事前に溶かしておいたバターを型に塗り、作った生地を型に流し込みます。その後に170度に予熱したオーブンで20分ほど焼き上げます。

クラッドカーカのレシピでは完全には火を通さずに、ある程度レアの状態を残しておくのがポイントです。

そのため20分ほど焼いたら一度竹串で生地を刺してみて、中の状態を確認しましょう。

生地がまだ生で竹串につくようであれば、追加でもう2~3分ほど加熱します。

最後に、オーブンで焼いた後に少し冷まして、上から粉砂糖を振りかければ完成です。お好みでアイスやクリームをトッピングしても良いですね。

まとめ

日本でもスウェーデンでも、チョコレートケーキは大人気のケーキの1つとなっています。

お馴染みのスポンジケーキとはまた違う、しっとりとした口当たりが特徴のスウェーデンのクラッドカーカを、是非今度の休日にでも作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました