【ルッセカット】北欧スウェーデンのサフラン入りパン

食事

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

北欧スウェーデンでは、くるりとS字型に丸まった、黄色い見た目も目を引くルッセカットと呼ばれるパンが人気となっています。

ルッセカットの黄色は、スパイスの中で最高級品と言われるサフランの色素によるもので、サフラン特有のエキゾチックな香りも魅力の1つとされています。

スウェーデンでは、冬至の季節に行われる聖ルシア祭というお祭りやクリスマスには、ルッセカットは欠かすことができないパンとなっています。

今回は北欧スウェーデンで愛されるサフラン入りパン、ルッセカットについて解説していきます。

黄色いS字型の見た目が特徴のルッセカット

ルッセカット(Lussekatter)とは、北欧スウェーデンで食べられている伝統的な菓子パンです。

ルッセカットの特徴として、サフランというスパイスが練り込まれた黄色い生地、そして独特なS字型が挙げられます。

パン生地にはバターやミルクも入っており、仄かな甘味とサフランの豊潤な香りも相まって、非常に食べやすい味わいなのだとか。

さらにルッカセットの表面にはレーズンをワンポイントとして乗せたり、グラニュー糖を粉雪のように振りかけたりします。

また、ルッセカットは一般的なS字型の他に、星型や円形、動物を模した可愛らしいものまで、家庭によってその形も多種多様です。

スウェーデンでは朝食にランチ、ちょっとしたおやつにまで、様々なシーンでルッセカットが食べられているのです。

最も高価なスパイスとして知られるサフラン

ルッセカットの代表的な特徴である黄色いパン生地を生み出しているサフランは、ルッセカットを語る上では欠かすことができないスパイスです。

サフラン(Saffron)は地中海原産で、秋に開花するアヤメ科の植物です。

開花したサフランの花にある、3分裂した雄しべがスパイスとして利用されます。

サフランは日本のスーパーでも販売されており、赤褐色の小さな糸のような見た目をしています。

私たちが普段食べている料理にも、サフランは頻繁に登場しているというのはご存知でしたか。

例えばインドカレー店で出てくるサフランライス、スペイン料理の代表格であるパエリアのあの黄色いお米も、全てサフランによるもの。

サフランは水溶性の色素であるクロシンを含み、水に浸けることで黄金色の色素が溶け出すのです。そのためお米と一緒に炊くことで、黄色く着色することができます。

サフランは世界各地で、その黄色い色素が染料として利用されてきた歴史もあるほど。

ちなみに北欧のスウェーデンにサフランが渡ってきたのは、19世紀頃だと言われています。

サフランの特徴は、黄色い色素だけではありません。実は、スパイスの中で最も値段が高いスパイスとしても知られているのです。

1つのサフランの花からは、3つしかスパイスとなるおしべを収穫することができません。

例えば、僅か10gのサフランを得るためには。およそ1500本以上のサフランの花が必要になります。

加えておしべを摘む際は、傷つけないよう繊細な作業が要求されるため、1つ1つの収穫は全て手作業で行われます。

だからこそサフランは、収穫にかかる手間と希少性から、スパイスの中でも最高級品として扱われているのです。

スウェーデンのクリスマスには欠かせないパン

スウェーデンでは子供から大人にまで愛されているルッセカット。中でもクリスマスシーズンになると、スウェーデンの街中がエキゾチックなサフランの香りに包まれるほど、多くのパン屋でルッセカットが焼かれるのです。

後述しますがスウェーデンでは12月13日に冬至という、一年で最も夜が長くなる季節に「聖ルシア祭」というお祭りが開催されます。

ルッカセットは聖ルシア祭に振る舞われるパンとして、スウェーデンでは聖ルシア祭の時期にパン屋にルッセカットが並ぶようになるそうです。

また、スウェーデンの家庭でもクリスマスになると、お手製ルッセカットをオーブンで焼くことも珍しくありません。

ルッセカットをはじめ、肉料理やサーモンなど魚料理、スウェーデンの伝統焼き菓子であるジンジャークッキーといったご馳走がテーブルに並びます。

ルッセカットの黄色は太陽を象徴しているとも言われており、長い夜が続く北欧の冬の中で暮らす人々にとっては、太陽への切望が現れたパンでもあるのです。

「ルシアの猫」という意味のルッセカット

ルッセカットという名称は、スウェーデン語で「ルシアの猫」という、少し変わった意味で呼ばれています。

なぜルッセカットが「ルシアの猫」という名前なのかというと、その由来には様々な説があります。

例えば、くるりとまるまった可愛らしいデザインが、猫の尻尾を連想させるからというもの。確かにルッセカットをよく見ると、S字型が尻尾に見えなくもないですね。

他にも、古来北欧には冬に現れる悪霊を追い払うために、猫などの動物を生贄として捧げていた名残、という少し怖い説もあります。

最も有力な説としては、後ほど詳しく説明しますが、キリスト教の聖人である「聖ルシア」という人物が配るパンというのが、ルッセカットの由来ではないかとされています。

というのも、古くからヨーロッパのドイツでは悪魔と猫は深い結びつきがあり、悪魔が配っていたパンのことを「悪魔の猫」と呼んでいました。

その伝承が北欧スウェーデンにも伝わったことで、聖ルシアが配るパンを「ルシアの猫」というようにスウェーデンで広まったと言われています。

スウェーデンの聖ルシア祭とは?

北欧スウェーデンではクリスマス目前の12月13日に、「聖ルシア祭」というイベントが開催されます。

聖ルシア祭は、北欧の1年の中で最も長い夜となる冬至の季節に、光の聖女ルシアに祈りを捧げることで、来年の温かな春の訪れを願うお祭りです。

ルシアはキリスト教の聖人であり、スウェーデンでは冬の暗闇を照らす光をもたらす守護聖人として知られています。

そしてルッセカットも、この聖ルシア祭からクリスマス当日である12月25日にかけて、スウェーデン中で特に食べられるようになるのです。

聖ルシア祭の代表的な催しとなっているのが、ルシア行列という、ルシア役に選ばれた少女を先頭に子ども達が「サンタ・ルシア」の歌を歌いながらスウェーデンの教会や街中を行進するイベントです。

先頭を歩くルシア役の少女は、白い衣装とキャンドルを付けた冠を身につけているのが特徴です。

そしてキャンドルや星型の模型を手に持った、星使いに扮した少年とルシアの付き人役の少女が後ろに続いて歩きます。

最後には、北欧スウェーデンの寒空の下を頑張って歩いた少年少女達に、ご褒美として温かいルッセカットが振る舞われるのが恒例なのだとか。

まとめ

サフランの鮮やかな黄色と芳香、そして北欧の冬で凍えた体を内側から温めてくれる、北欧スウェーデンのクリスマスシーズンには欠かせないルッセカット。

レシピも難しくないので、自宅でも生地にサフランを加えて焼くこともできますよ。

淹れ立てのコーヒーと一緒に朝食としてルッセカットを頬張るのは、まさに至福のひと時と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました