Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
建築

【人魚姫の像】童話がモチーフとなったデンマークの銅像

Pocket

デンマークの首都コペンハーゲンには、国を代表する童話作家アンデルセンが書いた物語「人魚姫」をモチーフとした銅像があります。

100年以上にわたりコペンハーゲンの街に佇む有名観光名所の一方、世界3大がっかり名所の1角にも数えられる不遇な側面もあったりします。

今回はおとぎ話好き必見の北欧デンマークコペンハーゲン名所、人魚姫の像について紹介します。

デンマーク・コペンハーゲンを代表する名所、人魚姫の像

北欧デンマークの首都であるコペンハーゲン。街中心部から少し離れた運河沿いに佇むのが、デンマークを代表する名所として国内外から人が訪れる「人魚姫の像」です。

デンマークといえば、「みにくいアヒルの子」「マッチ売りの少女」といった、日本でも誰もが知る不朽の名作を数多く世に送り出した、童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの故郷としても知られています。

そしてこの銅像も、アンデルセンが1837年に出版した童話「人魚姫」をモチーフとして製作されたのです。

また、私たちのイメージする人魚姫の姿といえば、上半身は人間、下半身が魚という見た目だと思います。

しかしデンマークの銅像は足先は魚の尾ひれですが、足首から上は人間の2本の足となっています。

後述しますが、実はこれには理由があるのです。

銅像の歴史

人魚姫の像は今からおよそ100年前の1913年、彫刻家のエドワード・エリクセンによって製作されました。

そして銅像製作を提案し、エドワード・エリクセンに依頼をしたのがカール・ヤコブセンという人物です。

当時デンマーク王立劇場で上演されていた、アンデルセンの「人魚姫」を題材としたバレエ演劇に感銘を受けたことがきっかけとされています。

ちなみにカール・ヤコブセンは、現在世界約150カ国で愛されているデンマーク王室御用達のビールメーカー「カールスバーグ」の創業者の息子であり2代目社長としても有名です。

人魚姫の銅像のモデルとされているのが劇場のプリマドンナであり、人魚姫の劇でも主役を演じていたエレン・プリースです。

ただ少しややこしいのが、エレン・プリースがモデルとなったのは頭部のみで、首から下はまた別のモデルが担当しています。

理由として、ヌード姿になることを嫌がったためだとされています。

代理のモデルとなったのは、銅像の作成者エドワード・エリクセンの妻だったエリーネ・エリクセンです。

また、銅像の人魚姫の腰から足首にかけて人間の脚になっているのは、エリーネ・エリクソンの脚があまりにも美しかったため、原作の人魚姫のように鱗で覆って隠してしまうのは勿体ないという理由から、という説があります。

なぜ世界3大がっかり名所なのか?

人魚姫の像はその美しさと知名度から、デンマークでも有数の観光スポットとなっています。

しかし一方で、「世界3大がっかり名所」という不名誉な名称がついた名所としても知られているのです。

世界3大がっかり名所はデンマークの人魚姫の像の他に、シンガポールのマーラライオン、ベルギーブリュッセルの小便小僧がノミネートされています。

なぜ人魚姫の像がそのような不名誉な称号を与えられているのかというと、干潮時には直に触れる距離まで近づくことができたり、それが災いして落書きや腕や首の窃盗、2003年には台座が爆破されるなど度々災難に見舞われる不遇なスポットというのもあるかもしれません。

中でも皆口を揃えて言うのが、「思っていたよりも小さい」とのこと。

パンフレットや映像では大きく切り取られていますが、実際の全長は125cmと、小さな子どもくらいの大きさしかありません。

アメリカの自由の女神像のようなビッグサイズを期待して行ってしまうと、確かに拍子抜けしてしまうかもしれませんね。

ただ「世界3大がっかり」というのは、あくまで親しみを込めてという部分もあり、それほど身近で有名なスポットだという証拠なのでしょう。

まとめ

世界的にも有名な童話である人魚姫。

その原作者であるアンデルセンの故郷デンマークのシンボルにもなっている人魚姫の像は、原作ファンはもちろん、子供時代に童話を聞いて育った人も一度は見ておきたい名所ですね。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。