Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
食事

【ヤールスバーグチーズ】ノルウェーを代表するチーズ

ヤールスバーグチーズ
Pocket

古くから畜産や酪農を営んできたノルウェーには、乳牛や山羊のミルクを使用した伝統的なチーズも多数あります。

ヤールスバーグチーズもその1つであり、ノルウェー産の牛乳を使った国を代表するチーズとして知られています。

ここではノルウェーチーズの代表格であるヤールスバーグチーズについて、その成り立ちや味わいついて紹介していきます。

ノルウェーの食文化やチーズに興味がある人は、是非ご覧ください。

この記事で学べること
  • ヤールスバーグチーズの原料や製法
  • 穴あきチーズでお馴染みのエメンタールチーズとの共通点
  • チーズの味や風味

ノルウェー産チーズのヤールスバーグ

ヤールスバーグチーズは、北欧ノルウェーで生産されているチーズの1つです。

原料としてノルウェー産の牛乳が使われ、熟成期間は3ヶ月~6ヶ月ほど。

一般的なヤールスバーグチーズの直径は約33cm、重さは約8kgと、重量もかなりのものです。

チーズのタイプとしては、ヤールスバーグチーズはセミハードタイプのチーズに分類されます。

生乳を加熱処理せず、そのままプレスして作られるのが特徴です。

スイスのエメンタールを参考に作られたチーズ

ヤールスバーグチーズは現在ではノルウェーを代表するチーズですが、実は原型となるチーズが存在しています。

それは、スイス発祥のエメンタールチーズです。

エメンタールチーズというのは、私たちがチーズと聞いて思い浮かべるであろう、あの穴あきチーズでもあります。

ちなみにエメンタールチーズの代名詞でもある穴は、チーズアイと呼ばれます。これはチーズの発酵過程で、プロピオン酸菌のガス発酵によって生まれるものです。

このエメンタールチーズは「トムとジェリー」などアニメにも頻繁に登場するので、見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。

そしてヤールスバーグチーズは18世紀〜19世紀頃に、エメンタールチーズを元に改良を重ねて作られたチーズなのです。

マイルドで優しい甘味を楽しめる

ヤールスバーグチーズは、元々エメンタールチーズをベースに誕生したチーズだけであり、味わいや香りもエメンタールに近いと言われています。

ヤールスバーグチーズはしっとりとした口当たりで、ほのかな甘味を感じることができます。風味もナッツのような芳醇な香りがあるそうです。

海外の本格的なチーズはミルク独特のクセがあり、苦手に感じる人も少なくありません。しかし、ヤールスバーグはチーズ特有のクセも少なく、あっさりとした味わいがあります。

ピッツァや肉料理の付け合わせなど、他の食材との相性も良いため、ノルウェーの食卓には欠かせないチーズとなっているのです。

まとめ

ノルウェーのヤールスバーグチーズは、スイス発祥の穴あきチーズであるエメンタールチーズを研究し作られたチーズです。

チーズの味はマイルドで優しい美味しさがあり、とても食べやすいのだそう。

ノルウェーではワインのつまみから料理のトッピングまで、幅広いシーンで食べられているチーズなのです。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。