Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
建築

【ストックホルム市立図書館】1928年開館のモダンな図書館

ストックホルム市立図書館の写真です
Pocket

ストックホルム市立図書館は、スウェーデンの首都ストックホルムで無料開放されている図書館です。

ストックホルム市立図書館は1928年、スウェーデンの建築の父と言われる建築家グンナール・アスプルンドによって建築されました。

天井まで吹き抜けとなった開放的な空間、円柱形の壁全体に並べられた書籍が織りなす重厚な雰囲気など、現在の北欧モダニズムにも通じる建築は国内外から高い評価を得ているほど。

今回はストックホムル市民が知識を求めて集まる場所、ストックホルム市立図書館についてご紹介して行きたいと思います。

ストックホルム市立図書館の特徴

ストックホルム市立図書館は、北欧スウェーデンの首都ストックホルムでオープンしている図書館です。

ストックホルム市立図書館は、正式には「Stockholms stadsbibliotek」と呼ばれています。

スウェーデン語で「町」を意味する「stabs(スタブス)」、図書館を意味する「bibliotek(ビブリオテーク」が合わさった名称であり、日本語に訳すと「ストックホルムの町の図書館」です。

そのままというか、非常にわかりやすい名称ですね。

ストックホルム市立図書館がスウェーデンで開館したのは今からおよそ100年前、1928年のことです。

設計を担当したのが、スウェーデンの建築家でモダン建築の巨匠としても知られているグンナール・アスプルンドという人物です。

そのため、ストックホルム市立図書館は本の貯蔵という図書館本来の機能に加えて、360度を本に囲まれた内装にモダンテイストな円形の美しい佇まいから、建築物としても高い評価を得ています。

もちろん図書館は無料で入場することができ、誰でも簡単に知識を得ることができるようになっています。

建築家グンナール・アスプルンドが設計を手掛けた

先ほども少し紹介しましたが、ストックホルム市立図書館のデザインを手掛けたのが、スウェーデンの建築家グンナール・アスプルンドです。

アスプルンド氏はモダン建築を専門とし、「スウェーデンの建築の父」と称されるほどスウェーデンの建築界では有名な人物なのです。

1928年に完成を迎えたストックホルム市立図書館も、彼が当時ストックホルム市からの依頼により建築した作品の1つです。

天井まで吹き付けとなった円柱形の造りに、周囲360度に本がずらりと並べられた書架という圧巻のインテリアに至るまで、全てアスプルンド氏の手によって設計されました。

100年以上前に作られた建物とは思えないほど近代的なデザインのストックホルム市立図書館は、20世紀初期の北欧古典主義様式を代表する作品であり、同時に北欧モダニズム建築という、新しい芸術様式の先駆けとなった建築物とも言われています。

55万冊の蔵書数を誇る荘厳な図書館

美しいストックホルム市にも溶け込んだ、淡いオレンジ色が施された円柱形の外観が目印のストックホルム市立図書館。そのおしゃれでモダンなデザインは、全く古さを感じさせません。

入り口を抜けた先にあるのが、教会を思わせる厳かな雰囲気に包まれたエントランスホールです。

3階建のエントランスホールは天井まで吹き抜けの空間となっており、55万冊を超える膨大な書籍が360度壁の本棚に並べられた、圧巻の光景が広がっています。

本の種類も古典から小説まで、多種多様なジャンルが用意されています。また、スウェーデン語だけでなく世界各国の言語に翻訳された本も多く、日本語訳された本も置かれています。

さらに館内は柔らかな乳白色を基調としたシンプルなインテリアとなっており、気が散ることなく読書や勉強に集中できる環境が整っています。

図書館内には至る所に自然光が差し込む窓が設置されており、内部もかなり明るい雰囲気となっています。

実はこの日光を取り入れる設計も、ストックホルム市立図書館を建築したグンナール・アスプルンド氏が計算してデザインしたのだそうです。

カフェや学習スペース、屋外広場も充実

図書館といえば書籍を借りるのはもちろん、その静かな空間は勉強にも最適です。学生時代に試験前は図書館で勉強したことのある人も多いのではないでしょうか。

ストックホルム市立図書館もそんな日本の図書館と同様に、館内には広々とした学習スペースが設けられています。

目当ての本をチェックする人から、机に教科書を広げて勉強に勤しむ学生まで大勢の人が毎日利用しているそうです。

図書館内にはカフェも併設されており、お気に入りの本を持ち込んでコーヒー休憩をすることもできるようになっています。

また、子供連れの人でも快適に過ごせるようキッズスペースも用意されているなど、高福祉国家である北欧スウェーデンらしい、利用者への気遣いに溢れた設備が充実しています。

他にもストックホルム市立図書館の前には、青々とした芝生が敷かれた広場があります。

読書の合間の休憩はもちろん、その開放的な空間から穴場読書スポットとして、昼間の時間帯には広場でゆっくりと本を読んで過ごす人も多いのだそうです。

まとめ

ここまでストックホルム市立図書館の特徴について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

1928年建築という歴史的建造物ながら、360度を本に囲まれた吹き抜けの空間、優美なモダンテイストなインテリアは、21世紀現代でも全く違和感がないほどのデザイン性の高さがあります。

モダンな内装の中、心ゆくまで読書を満喫することができるストックホルム市立図書館は、読書好きなら必見のスポットと言えます。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。