【カルダモン】ヴァイキングが北欧にもたらしたスパイスの女王

食事

こんにちは。Huivi -フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

日本のスーパーでも見かけることが多い、緑色の種子のような形が特徴的なスパイスであるカルダモン。

インド原産のカルダモンは、北欧ではお菓子作りに欠かせないスパイスとして使用されています。

スウェーデン名物シナモンロール 、フィンランド伝統の菓子パンであるプッラなど、多くの北欧のお菓子にカルダモンが加えられているのです。

今回はそんなカルダモンの特徴や歴史について、取り上げていきたいと思います。

カルダモンの特徴

カルダモンは、インド・スリランカが原産のスパイスの1種です。カレーでは定番のスパイスとされており、名前を聞いたことがある人も多いはずです。

カレーのスパイスというイメージがあるカルダモンですが、実は北欧の家庭料理でも頻繁に登場するスパイスでもあります。

北欧では主にお菓子作りに使用されており、例えば北欧スウェーデン発祥のお菓子シナモンロールでは、生地にカルダモンパウダーを練り込むことも多いのです。

カルダモン(cardamom)の名称は、ギリシャ語の「kardamomon」が由来となっていると言われています。

「karda」はギリシャ語で心臓を意味する「kardia」、「amomon」も同じくギリシャ語で生薬を表す「amoumum」から来ているという説があります。

また、カルダモンはスパイス大国インドで最も生産されていると思われるかもしれませんが、実はインドは生産量としては第2位で、中米のグアテマラが最大のカルダモン生産国となっています。

スパイスの女王とも呼ばれるカルダモン

カルダモンは未成熟な緑の実の状態で収穫され、その後しばらく乾燥させたものがお店で販売されます。

カルダモンは緑色の皮の内側に入っている、黒色の種子がスパイスとして利用されます。ショウガ科であるカルダモンは、ピリッとしたスパイシーな刺激と爽やかな香りが特徴となっています。

鼻腔の奥まで届くそのエキゾチックな芳香から、カルダモンは別名「スパイスの女王」とも呼ばれているのです。

他にも、気品ある香りもそうですが実はカルダモンは、サフラン・バニラに次ぐ世界で3番目に高価なスパイスです。

そのため一説では、スパイスの女王という名称には、価格が高級という意味も込められているという解釈もあるそうです。

カルダモンの歴史

カルダモンは紀元前の時代からスパイスや生薬として使用されていた記録が残っており、世界最古のスパイスの1つとしても知られています。

例えば原産国であるインドでは、紀元前1000年以上も前の太古の時代からアーユルヴェーダで使われる生薬として重宝されてきました。

他にも古代エジプトでは、カルダモンは「聖なる香煙」と呼ばれており、神殿における祈祷の際のお香として使用されてきました。

ヨーロッパに伝わったのは2世紀頃と言われています。ヨーロッパでもカルダモンは料理、あるいは解毒剤として使用されていたのだとか。

そして北欧については、カルダモンはヴァイキングが戦利品として持ち込んだのが始まりとされています。

ヴァイキングとは、8世紀〜10世紀に西ヨーロッパで侵略と交易を行なっていた海賊たちのことです。

カルダモンは、ヴァイキングがコンスタンチノーブル(現トルコ・イスタンブール)の都市を襲撃した際に入手し、祖国であるスカンディナヴィア半島に持ち込んだと言われています。

北欧料理でもカルダモンは大活躍

カルダモンはその芳醇な香りを活かして、お馴染みのカレーから肉料理、煮込み料理、あるいはエスニック料理まで幅広いジャンルの料理に使われています。

北欧でも通常の家庭料理はもちろんのこと、特にお菓子作りにカルダモンを使うことが多いようです。

代表的なのがスウェーデンの国民的お菓子であり、フィーカでコーヒーのお供としても欠かせないシナモンロールです。

シナモンロールを作る際、スウェーデンでは生地にカルダモンパウダーを練り込んで焼き上げます。

そうしてオープンでふっくらと焼き上げ、上からシナモンパウダーを振りかければシナモンロールの完成です。

その一方で、焼いた生地の上にシナモンではなくカルダモンパウダーを振りかけたものもあり、こちらはカルダモンロールという名称となっています。

シナモンロールは甘い香りで子供でも食べやすい味わいなのに対して、カルダモンロールは少しクセのある大人の味わいとなっているそうです。

カルダモンの意外な使い方

元々解毒剤など生薬として使用されてきた歴史もあるカルダモンは、現在でも料理のスパイス以外でも活躍しています。

例えば北欧では、お酒を飲んだ後にカルダモンを少量口に入れて、口臭ケアを行う習慣があります。どうやら、カルダモンの爽やかな香りがアルコールの嫌な匂いを緩和してくれるのだそうです。

そういえば似たような使い方として、インドカレー店でもフェンネルというスパイスが色付きで置かれていることがあると思います。

フェンネルもカルダモンと同様に消臭の効果があり、インドでも伝統的に食後にフェンネルを噛んで口臭を消すやり方が行われています。

日本でも、スパイスではないですが、消臭と殺菌効果があるカテキンを豊富に含む緑茶を食後に飲む習慣がありますよね。

たまには日本でも、カルダモンを天然の口臭ケア剤として使用してみるもの良いかもしれませんね。

まとめ

ヴァイキングが北欧に持ち込んだことがきっかけとなり、現在ではシナモンロールをはじめ、北欧のお菓子や料理作りには欠かせないスパイスとなったカルダモン。

日本のスーパーでも簡単に購入することができるので、是非今度の料理に試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました