Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
建築

【スノーホテル】氷で建築された、ノルウェーの神秘的なホテル

Pocket

北欧ノルウェーには、一面氷と雪に覆われた自然の中に佇むスノーホテルという宿泊施設があります。

スノーホテルは煉瓦の代わりに氷を積み重ねて建築した、極寒の地ノルウェーならではのユニークなホテルとなっています。

今回は美しい雪と氷の空間で宿泊できる、ノルウェーのスノーホテルについて解説をしていきます。

ノルウェーにある氷のホテル

北欧ノルウェーの中でもさらに北に位置する、極北の街キルケネスという場所には、雪と氷で建築された神秘的なホテルがあります。

「スノーホテル キルケネス(SnowHotel Kirkenes)」と呼ばれ、12月〜4月の冬季限定で利用することができます。

スノーホテルという名の通り、外壁はもちろんのこと部屋のベッドやテーブルまで、大半の設備が雪と氷によって作られているのが特徴です。

スノーホテルには、キルケネス一帯の凍った湖から切り出した数十トンもの氷が使われているそうですよ。

日本でも冬の風物詩としてかまくらがありますが、かまくらどころかホテルを建築したノルウェーはやはりスケールが違いますね。

極北の町キルケネスにある

スノーホテルがオープンしているキルケネスは、ノルウェー北部にありロシアの国境沿いに位置する町です。

北欧ノルウェーの中でもさらに極北にあり、北極点まで僅か400kmという北欧ノルウェーの中でもさらに極北の場所にあります。

人口はおよそ3000人の小さな町ですが、時期が合えば美しいオーロラを観測することができるとあって、観光業が盛んとなっています。

また、キルケネスは5月〜7月の夏のシーズンには、1日中太陽が沈まずに明るい時間が続く白夜という現象が起こります。

反対に11月〜1月は、今度は太陽が1日を通して昇らない極夜になる、まさにノルウェーの中でも極北の辺境に位置する町なのです。

スノーホテルでの過ごし方

キルケネスのスノーホテルの敷地内では、大きく分けて宿泊棟と、レストランやシャワーなどの施設が集まる建物棟からなります。

メインの宿泊棟であるスノーホテルは、ホテル内部の温度はマイナス5度に保たれており、厚手の防寒着は必要不可欠です。

テーブルからベッドなどの家財は、基本的には全て氷でできています。

椅子も氷製ですが、お尻が濡れないようにトナカイ の毛皮が敷かれているようです。

部屋には番号が割り振られており、この部分は一般のホテルと同様ですね。

そしてスノーホテルの大きな見所の1つとなっているのが、氷の壁に彫られたアーティスティックな彫刻です。

サンタクロースや動物、暖炉など独創性ある彫刻が施された空間となっており、部屋ごとに描かれるアートのテーマも異なっています。

壁の彫刻に加えて、スノーホテル内はブルーライトなどで淡くライトアップもされており、アナと雪の女王に登場する城を思わせる幻想的な光景が広がっています。

一方で、「マイナス5度という温度の空間で、本当に眠ることができるの?」と心配に思われるかもしれません。

睡眠に関しても全く問題ないようで、スノーホテルではマイナスを下回る温度でも大丈夫な高性能寝袋が用意されています。

自分自身の体温が寝袋全体に広がって、寝袋内部はとても暖かくなっているそうです。そのため氷に囲まれた空間でも、心地よい睡眠を取ることができますよ。

敷地内には滞在のための設備も充実

スノーホテルの敷地内には、メインとなる氷のホテル以外にも、利用者の快適な滞在をサポートしてくれる設備も充実ています。

まず、スノーホテルの宿泊や見学の際に最初に訪れることになる、山小屋のような受け付けがあります。

受け付けでは宿泊の手続きや入場料の支払い、荷物の預かりまで、滞在中のお世話をしてくれます。

また、レストランやサウナも併設された建物棟があり、昼間は基本的にこちらで過ごすことになります。

建物棟1階にはフィンランド発祥の北欧名物サウナとシャワールームが設置されており、観光の疲れを汗と一緒に洗い流すことができます。

2階部分は中央に暖炉が置かれた、木製ドーム風のレストランとなっています。ココアといったホットドリンクや、お昼時にはランチも楽しむことができますよ。

そして3階は宿泊者同士でコミュニケーションも取れる、ラウンジフロアとなっています。

また、宿泊施設として先述したスノーホテルの他に、ログキャビンという屋外に置かれた木造コテージも用意されています。

スノーホテルが冬季限定なのに対して、ログキャビンは年間を通して利用することができます。

屋内は暖房や、専用のバスルームもあります。窓からはノルウェーの大自然が作り出す絶景も眺めることができるそうなので、スノーホテルとどちらに宿泊するか迷ってしまいそうですね。

オーロラ観測などの屋外アクティビティ

北欧ノルウェーのさらに極北に位置する町であるキルケネスでは、その恵まれた立地から高確率でオーロラを見ることができるそうです。

また、玄関口であるキルケネス空港からスノーホテルまでは、車ではなく犬そりタクシーによる送迎サービスも行われています。

このように、冬には絶景を鑑賞できるオーロラツアー、犬そりに乗って雪原を駆ける体験など日本では決して味わうことができない、北欧ノルウェーならではのウィンターアクティビティも楽しむことができますよ。

まとめ

壁から家財まで全て美しい氷で作られた、ファンタジーの世界に登場するような幻想的な建物であるスノーホテル。

氷の世界の中で寝袋に包まって過ごす体験は、極寒の地ノルウェーだからこそ味わえる、貴重な思い出となるはずですよ。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。